帝都を歩く

帝都・東京。当ブログは東京住まいの管理人が、帝都東京が明治期から現在まで歩んできた道を学ぶため、帝都および周辺都市に残る戦争遺跡や歴史的建造物、地下壕・洞窟やB級スポットまでを探訪して見聞を広めるブログです。東京観光等に役立てていただけたら幸いです。

 帝都周辺地図       地図から記事を検索できます
より大きな地図で 帝都周辺地図 を表示

千代田区北の丸公園にある軍事施設跡、旧近衛師団司令部庁舎を歩いてきました。現在地は千代田区の北の丸公園の一画にある東京国立近代美術館の分館、工芸館前です。この工芸館の建物は、明治43(1910)年3月建築の大日本帝国陸軍近衛師団司令部庁舎を再活用したものです。近衛 ...

台東区上野公園にある動物園、恩賜上野動物園を歩いてきました。我が家から最も近い動物園として、なんだかんだと一年に一回はやってきている上野動物園。今回は息子と二人、昨年から入園も可能になった弁天門から入りました。弁天門は上野動物園の人気スポットであるパンダ ...

大田区羽田空港一丁目にある赤鳥居、通称「羽田の大鳥居」を見学してきました。現在地は羽田空港の出入り口にあたる、京急空港線の天空橋駅前です。天空橋とはこの駅の西側を流れる海老取川に架かる人道橋の名前で、駅名はこの橋から取られています。駅周辺は近くに下水道ポ ...

荒川区南千住の軍需工場跡地、千住製絨所跡を息子とともに歩いてきました。かつて、現在の都電荒川線三ノ輪橋停留場と隅田川の中間くらいのところに、千住製絨所という名の工場がありました。千住製絨所は明治12(1879)年、明治新政府によって設立された官営工場で、陸軍所要 ...

今回の訪問先は八丈島八丈町三根にある閉業中のホテル、八丈オリエンタルリゾートです。現在地は八丈島で夏場にもっとも人が集まる場所、底土海水浴場前の八丈一周道路です。底土海水浴場横の底土港では、八丈島と帝都の竹芝桟橋との間を一日一往復する東海汽船の定期便が発 ...

和歌山県和歌山市加太に属する無人島群友ヶ島の軍事遺跡、友ヶ島第三砲台跡についてです。なお今回につきまして、写真が2007年当時のものであることを最初にことわっておきます。明治時代から第二次世界大戦の敗戦にかけ、紀淡海峡に位置する無人島群友ヶ島には軍の要塞があ ...

八丈島八丈町樫立の唐滝・硫黄沼ハイキングコースを歩いてきました。現在地は八丈一周道路のバス停「富次朗商店前」から唐滝への山道を車で5分ほど進んだ、唐滝・硫黄沼ハイキングコースの駐車スペースです。富次朗商店前バス停から唐滝までのハイキングコースは約2キロメ ...

訪問したのはもう六年も前のことになってしまいますが…今回はパラオ共和国アイライ州の歴史的建造物、アイライ・バイの紹介です。バイとは、二等辺三角形の草葺屋根が特徴的なパラオの伝統的建築物のことです。パラオには今もいくつかバイが残っていますが、パラオ最大の島 ...

文京区本駒込にある出版社、フレーベル館を歩いてきました。現在地は本駒込六丁目の名勝、六義園の南東側を通る一方通行路の歩道上です。六義園は東京大空襲等の戦災による被害を受けず昔のままの姿を留めている庭園として、昭和28(1953)年特別名勝に指定されています。左手 ...

新宿区若松町にある軍事遺跡、陸軍砲工学校跡を歩いてきました。現在地は新宿区戸山の戸山公園箱根山地区にある箱根山の山頂です。箱根山は山手線内で最も標高の高い人造の山として知られています。本日はこの戸山公園箱根山地区に、子どもたちを遊ばせにやってきました。以 ...

北区西ヶ原三丁目にある寺院、昌林寺を息子とともに歩いてきました。以前に訪れた名探偵・浅見光彦の住む街、西ヶ原三丁目。今回はその西ヶ原三丁目にある曹洞宗の寺院、昌林寺にやってきました。昌林寺は浅見光彦シリーズの作中で、浅見家代々の菩提寺として登場するお寺で ...

東京都北区西ヶ原、名探偵浅見光彦が住むといわれる街を息子とともに歩いてきました。現在地は東京メトロ南北線西ヶ原駅から本郷通りを西へ300mほど歩いたところにある神社、平塚神社前です。平塚神社の参道脇には平塚亭つるおかという、昔ながらの和菓子屋があります。この ...

文京区本駒込にかつてあった精神病院、東京府癲狂院跡地を歩いてきました。現在地は都営三田線千石駅から東へ徒歩五分の位置にある文京グリーンコートです。文京グリーンコートは平成9年10月に竣工した高層オフィスビル、高層住宅、商業施設からなる複合施設です。我が家では ...
   

↑このページのトップヘ