帝都を歩く

帝都・東京。当ブログは東京住まいの管理人が、帝都東京が明治期から現在まで歩んできた道を学ぶため、帝都および周辺都市に残る戦争遺跡や歴史的建造物、地下壕・洞窟やB級スポットまでを探訪して見聞を広めるブログです。東京観光等に役立てていただけたら幸いです。

 帝都周辺地図       地図から記事を検索できます
より大きな地図で 帝都周辺地図 を表示

娘のあやちゃんのために契約した学資保険と生命保険の保険証券がきました。あやちゃんへ。学資保険はあやちゃんが大学生になるときに、生命保険は積み立て式のものなのであやちゃんが必要になった時に解約して貯金として使ってください。原資はあやちゃんが大人になるまで、 ...

動物の体臭や糞の臭いが、赤ちゃんの免疫力を高めてくれるらしいと聞いたので、娘のあやちゃんとあらかわ遊園の動物広場に行ってきました。あらかわ遊園のどうぶつ広場にいた牛のももちゃん(雌)。糞、糞の臭い~。おお、いっぱいありそうじゃないか。臭いを嗅がせようと近 ...

鵜原理想郷を歩き回った後、理想郷近くの宿「磯香の湯宿 鵜原館」に宿泊しました。鵜原館は大正時代末期にできた歴史ある旅館で、古い建物ですが、とても情緒あふれる旅館です。鵜原館は温泉宿としても有名で、トンネル風呂、軍事洞窟風呂、展望風呂、貸切風呂の露天風呂と4 ...

前回の鵜原理想郷手弱女平からの続きです。手弱女平から再度南房総国定公園・鵜原理想郷の看板まで戻り、次は明神岬方向に歩いていきます。ごとがえり近くの三叉路から地図の真ん中、中間点と赤字で書かれた三叉路まで歩いていきます。ちょうど地図で緑色になっているところ ...

千葉県勝浦市鵜原にある、鵜原理想郷を歩いてきました。鵜原理想郷は、太平洋の荒波に浸食されたリアス式海岸で、海岸の崖沿いにハイキングコースのある勝浦の景勝地です。文豪三島由紀夫や与謝野晶子に愛された地として知られています。外房線上総興津の駅から、一駅電車で ...

千葉県の鵜原へ旅行に行くことになって、何気なく鵜原海岸の地図を見ていたら鵜原の隣の海岸に「守谷洞窟」というのを見つけました。場所は勝浦市守谷の守谷海岸。守谷海岸は千葉有数の美しさを誇るということも聞いて、鵜原に寄る前に守谷海岸に行ってきました。守谷海岸に ...

千葉県夷隅郡御宿町にある、最明寺というお寺に「大日洞」という洞窟があるというので行ってきました。御宿は童謡「月の沙漠」発祥の地として有名な場所であり、月の沙漠のモデルである御宿海岸には童謡を記念して造られたブロンズ像もあります。沙漠というからには広大な海 ...

娘のあやちゃんが自分の手と手を繋ぐようになりました。碇ゲンドウのようなポーズのあやちゃん。赤ちゃんは自分の手をもう片方の手で握るようになって、初めて自分に「手」があることを認識するのだといいます。そうかー、あやちゃんもついに自分の手がわかったのかー。 こ ...

東京都北区にある、東京第一陸軍造兵廠・十条工場跡を歩いてきました。太平洋戦争の敗戦まで、北区の赤羽から王子に至るまでの区間には旧日本陸軍の施設が建ち並び、北区はいわゆる軍都でした。それらの施設は太平洋戦争の敗戦後、進駐軍によって接収され、現在ではもうほと ...

目黒区にある、松林山大円寺を歩いてきました。品川区にあるというのに目黒の名を冠する目黒駅。この目黒駅を西口に出て、目黒通りに出たところで左に曲がると、目黒行人坂と呼ばれる品川区と目黒区にまたがる坂に出ます。急な勾配になっている狭い坂で、坂を下りたところに ...

東京都八王子市高尾町に広がる大低山、高尾山を歩いてきました。昨今の登山ブームにより、もはや説明の必要もない有名な山である高尾山。訪問した時は、ちょうど紅葉の美しい季節でした。何度か登ったことがありますが、今回は高尾山に洞窟があるという話を聞きつけて、それ ...

長女あやちゃんの首も座ってきました。そろそろつかまり立ちしそうな勢いです。しかし、子育てって大変だなあ。いったん泣き出すと、抱っこして散歩するかミルク飲ませない限りまず泣き止まないあやちゃん。自分が必死になってあやそうとしても泣き止んでくれない娘を見ると ...

東京都文京区、本郷通り近くにある海蔵寺と駒込富士神社を歩いてきました。私の愛読書のひとつ「東京洞窟厳選100」の中で、洞窟があると紹介されていた文京区の海蔵寺。この海蔵寺が自宅からすぐ近くだったため、どんな洞窟なのか散歩がてら行ってきました。海蔵寺には、 ...
   

↑このページのトップヘ