帝都を歩く

帝都・東京。当ブログは東京住まいの管理人が、帝都東京が明治期から現在まで歩んできた道を学ぶため、帝都および周辺都市に残る戦争遺跡や歴史的建造物、地下壕・洞窟やB級スポットまでを探訪して見聞を広めるブログです。東京観光等に役立てていただけたら幸いです。

 帝都周辺地図       地図から記事を検索できます
より大きな地図で 帝都周辺地図 を表示

埼玉県加須市にある子供用遊園地、むさしの村を訪問してきました。「春風うきうき花見でのんびり楽しいじゃないか うららか一日むさしの村」。という、ちょっと昔のCMを知っていますか。このCMで紹介されていたむさしの村は、埼玉県北東部の加須市に位置する、荒川遊園をちょ ...

帝都の湾岸都市、江東区豊洲の街を歩いてきました。買い物の用事で、東京メトロ有楽町線に乗ってやってきた豊洲の駅前。周囲には林立する巨大なタワーマンション群が見えます。一昔前に仕事でこの地区にやってきたときは、広大な更地という印象だったのですが、いつの間にや ...

子育て近況報告です。まもなく生後6ヶ月になろうかという第二子・長男茶坊主ですが…太りすぎが原因か、まったくハイハイとかしそうな雰囲気がありません。やっと最近、寝返りは覚えてくれましたが、それから先はカマキリのように微動だにしません。ハイハイに向け、最初は ...

ペリリュー島観光ツアーの最後に、日本軍の野戦病院跡といわれる「千人洞窟」を訪れたので紹介します。千人洞窟は、ペリリュー島の海の玄関口である北の波止場から南に数百メートルの場所に位置しています。千人洞窟は水戸山と呼ばれる岩山を南北96メートル、東西36メートル ...

前回に引き続き、パラオ・ペリリュー島の戦争遺跡紹介記事です。今回はペリリュー島に残る日米両軍の兵器や陣地、慰霊碑の散策・紹介です。ペリリューには巨大な飛行場があり、この島をめぐって1944年9月15日から同年11月25日まで日本軍とアメリカ軍の間で戦闘が行われました ...

太平洋戦争中の日米激戦の地として知られる、パラオ共和国のペリリュー島。そのペリリュー島に遺る日本軍の基地跡「西カロリン海軍航空隊司令部」の廃墟を歩いてきました。ペリリュー島では太平洋戦争後期の1944年9月15日から11月25日までの2か月以上にわたり、守る日本軍と ...

帝都南方にある西カロリン諸島の国家、パラオ共和国。そのパラオ共和国に海外旅行へ行きました。パラオは太平洋戦争の敗戦(1945年8月)まで日本の委任統治領であったためか親日国であり、日本語も相手によってはちょっと通じるため、あまり海外旅行に慣れていない私達 ...

おかげさまで『帝都を歩く』もブログ開設から二周年を迎えました。地味でマイナーな素材を扱うブログ内容にもかかわらず、今日まで続けることができたのは、ひとえに来訪していただいた皆様のおかげです。ありがとうございました。今後とも『帝都を歩く』をよろしくお願いし ...

台東区根岸三丁目にある、旧陸奥宗光別邸を見学してきました。明治時代に外務大臣を務め、欧米列強との不平等条約改正などに尽力し、その手腕から「カミソリ大臣」と呼ばれた陸奥宗光。その陸奥宗光が住み、死没したところと言えば、北区西ヶ原にある旧古河庭園(もともとは ...

墨田区東向島にある時計展示施設、セイコーミュージアムを見学してきました。白髭橋東詰交差点の近くにあるセイコーミュージアム。日暮里や亀戸の駅から出ている都営バスに乗って、白髭橋東バス停で下車すると近いです。なお、ミュージアムの見学にあたっては電話にて事前の ...

今回の訪問先は、港区の新橋駅近くにある旧新橋停車場です。東京メトロ銀座線新橋駅の二番出口から徒歩3、4分の位置。現代的な高層オフィスビルが立ち並び、鬱々とした表情のビジネスマンが颯爽と行き交う昭和通り上に、唐突に近代洋風建築の建物が現れます。この建物は「 ...

今回の訪問先は、豊島区東池袋にあるスガモプリズン跡地です。スガモプリズンについては、まず前回の記事をお読みください。ちょうど一年前に訪問したスガモプリズン跡地、東池袋中央公園。池袋まで買い物に行く用事があり、近くを通りがかったので寄ってみました。東池袋中 ...

杉並区和泉にある商店街、杉並和泉明店街を訪問してきました。現在地は京王線代田橋の駅北口から100メートルほど北に歩き、甲州街道に出た位置です。代田橋の駅前には活気があるとは言い難い小さな商店街があるのですが、そこを通り抜け、この甲州街道を渡す歩道橋を渡った先 ...
   

↑このページのトップヘ