帝都を歩く

帝都・東京。当ブログは東京住まいの管理人が、帝都東京が明治期から現在まで歩んできた道を学ぶため、帝都および周辺都市に残る戦争遺跡や歴史的建造物、地下壕・洞窟やB級スポットまでを探訪して見聞を広めるブログです。東京観光等に役立てていただけたら幸いです。

 帝都周辺地図       地図から記事を検索できます
より大きな地図で 帝都周辺地図 を表示

八丈島八丈町末吉にある展望台、名古の展望台を歩いてきました。現在地は八丈島の南東にある、末吉地区の名古の展望台です。名古の展望台からは洞輪沢の湾曲した海岸美が観賞でき、右手には八丈島南端の小岩戸ヶ鼻まで見渡す事ができます。天気のいいときにはここから島の遥 ...

千葉県市川市国府台にある公園、里見公園を歩いてきました。現在地は市川市国府台の国立国際医療研究センター国府台病院前です。国府台病院の始まりは前回の記事で少し触れた東京陸軍教導団の診療所、明治5(1872)年に創設された東京陸軍教導団兵学寮病室です。東京陸軍教導団 ...

千葉県市川市にある軍事遺跡、野戦重砲兵第三旅団跡地を歩いてきました。現在地は市川市国府台にある千葉商科大学の学食「The University DINING」です。最寄りの京成本線国府台駅からはちょっと遠いですが、フロアに350席あるこの学食は学生のみならず一般人も利用すること ...

八丈島八丈町大賀郷にある公園、護神山公園を歩いてきました。護神山公園は八丈支庁や町役場の近くにある、鬱蒼とした木々に覆われる小高い丘に造成された公園です。この護神山公園、八丈富士の側火山で頂上には小さいながら火口があります。護神山公園入り口には大きな石鳥 ...

品川区東八潮にある展示施設、船の科学館を歩いてきました。現在地はゆりかもめ船の科学館駅を降りてすぐ目の前にある船の科学館です。船の科学館は海と船の文化をテーマにした海洋博物館です。ですが船の科学館本館は現在、リニューアル準備のため展示公開を休止しています ...

八丈島八丈町樫立にある戦争遺跡、直射砲台跡を歩いてきました。現在地は八丈島の坂下地区(三根、大賀郷)と坂上地区(樫立、中之郷、末吉)を繋ぐ逢坂橋上です。巨大な谷を跨ぐようにして架設された逢坂橋は、全長が1325メートルに及ぶダイナミックな橋です。この橋はかな ...

八丈島八丈町樫立にある軍用道路、防衛道路を歩いてきました。現在地は八丈一周道路、樫立の伊郷名バス停です。ここ伊郷名はかつて湯郷名と呼ばれ、温泉が湧き出ていて大きな集落があったと言われています。しかし宝永年間に起きた地震の際に温泉源が変わり、まったく温泉が ...

八丈島八丈町三根にある戦争遺跡、人間魚雷「回天」の壕を歩いてきました。現在地は、八丈島の海水浴場のうちもっとも観光客で賑わう底土海水浴場です。砂浜が少ない八丈島では、この底土海岸が比較的整備され一番安全に海水浴ができるため、多くの人が海水浴やダイビングに ...

新年明けましておめでとうございます。今年も「帝都を歩く」をよろしくお願いします。今年は長女が幼稚園に入園する我が家にとって節目の年です。最近は口も回るようになってきた娘ですが、人付き合いが得意でないので少し心配です。特に娘は年齢の近い男子を苦手としている ...

2017年も今日で終わりですね。本年おかげさまで我が家の子供たちは、大きな病気や怪我もなく順調に成長できました。そろそろ子供たちも自我が目覚める時期であり、2018年は私も特段の努力をして子供たちの模範となっていきたいと思っています。さて2017年最後の更新となる今 ...

八丈島八丈町大賀郷の八丈島歴史民俗資料館周辺を歩いてきました。太平洋戦争末期の昭和20(1945)年3月26日、日本陸軍の栗林忠道中将率いる小笠原兵団の硫黄島守備隊が、日本本土へと迫るアメリカ軍の絶え間ない攻撃によって玉砕しました。硫黄島が陥落すると、小笠原諸島と日 ...

墨田区押上の東京スカイツリータウンを歩いてきました。クリスマス時期ですね…。この時期になると、我が家の近所ではあちこちで自宅イルミネーションが見られるようになります。うちの子ども達はイルミネーションが大好きなので、大きなイルミネーションを見にお出かけしま ...

埼玉県秩父市にある鉱山、ニッチツ鉱山(秩父鉱山)とその鉱山街を歩いてきました。ニッチツ鉱山は埼玉県秩父市の西方、中津川上流にある鉱山事業場で、右側に両神山、左側に赤岩峠を望む峡谷沿いに位置しています。この鉱山は戦国時代、甲斐の武田氏が金や砂金を採掘したの ...
   

↑このページのトップヘ