千代田区九段南にある、傷痍軍人とその家族の労苦を語り継ぐ展示施設、しょうけい館を歩いてきました。
DSCF8393
東京メトロ東西線の九段下駅を降りて徒歩1分の位置にあるしょうけい館。
しょうけい館では主に大東亜戦争で負傷し、腕や足などを欠損することになった傷痍軍人の労苦について、各種史料や展示パネル、証言映像で学ぶことができます。
入館料は無料です。 
DSCF8394
しょうけい館1階は企画展と証言映像シアター、図書閲覧室からなっており、2階は常設展示になっています。
2階の常設展示は、実際に戦場に行って負傷し、野戦病院で治療を受け、帰ってきてから負傷の苦難を乗り越えて社会復帰する、という傷痍軍人が辿った一連の流れを傷痍軍人からの寄贈品や史料、展示パネル、証言映像やジオラマなどで紹介しています。
しょうけい館内は写真撮影禁止のため、以下は公式ホームページの画像を載せます。 
2f_photo01
≪しょうけい館公式ホームページから出典≫
先に2階から見学しました。
2階はフロアーをぐるりと一周してくる形になっており、前半はある兵士が大東亜戦争によって出征、入営し、中国大陸から太平洋戦線に転戦して、夜襲で負傷するまでの物語が展示パネルによって紹介され、そこに実際の傷痍軍人からの寄贈品や証言が物語を補強するように展示されています。
2f_photo02
国民に万歳三唱されて出征する、当時の軍人たち。
熱狂する国全体に押されるようにして、戦場へと向かいました。
しかし待っていたのは、劣悪な環境下にある過酷な戦場。
それだけならまだしも、負傷して日本に帰ってきたら、敗戦により「戦争犯罪人」とののしられ社会的差別を受けるありさまでした。
2f_photo04
二階展示室のちょうど折り返し地点にある、日本軍野戦病院のジオラマ。
その国力を遥かに超えて戦線を拡大していた日本軍は、負傷兵を手当てする薬も軍医も衛生兵もまったく足りない状況で、負傷兵はほとんど壕の中に放置されていた状況だったという。
左の複数の兵士に押さえつけられているのは、負傷による腕の壊死を防ぐための切断手術。
麻酔もない状況下での手術の苦痛は想像を絶するものだったろう。
2f_photo06
負傷後、いまだ戦場で戦う戦友たちに申し訳ないと思いつつ日本に送還された兵士たちは、義肢をつけて社会復帰を目指します。
しかし傷痍軍人は戦争中は名誉の負傷として手当てを受けていたものの、敗戦による連合軍の非軍事化政策により軍人恩給は停止させられ(サンフランシスコ講和条約で復活)、戦後の混乱の中で社会的弱者として苦しい生活を余儀なくされることになりました。
昭和40年くらいまでは、街頭などで物乞いをする傷痍軍人も多かったとか。
軍事国家大日本帝国で国のために戦い名誉の負傷をし、平和国家日本で物乞いをさせられる羽目になった傷痍軍人は、戦争を忘れて急に平和の仮面をかぶった今の日本をどう思っていたのでしょうか。
2f_photo07
傷痍軍人たちが、手足の欠損など人として生きていくのが致命的な障害を負ってもなお、それを努力によって克服し新たな人生を歩んでいったことを紹介する展示パネル。
その努力と前向きな精神は、何かと難しく考え落ち込みがちな現代の私たちも見習わなければならないことだと思います。 
昔の人は、本当にすごかったと思う。しかもこれは、はるか昔の話ではなく、ほんのちょっと前の話なのです。 
DSCF8395
しょうけい館1階では企画展として、「義肢に血が通うまで」という傷痍軍人の義肢展示をやってました。
日露戦争のころから多彩な義肢を作っていたという当時の日本の技術力に驚かされます。
軍事国家であった日本は傷痍軍人に対し、恩賜という形で義肢を無料で与えていました。
興味深かったのは、実際の傷痍軍人たちの84%は恩賜された義肢を畏れ多くて使わず、神棚に置いておいたという記事。
意味ないじゃんそれと思うのは、今の日本に生きる私だからでしょうか。 
(訪問日2014年7月23日)