DSCF1239
パラオ最大の島、バベルダオブ島。
パラオ旅行中に、この島の最北端、アルコロン州にストーンモノリスという謎の遺跡があり、その謎っぷりに興味を惹かれて訪問してきました。
DSCF1236
謎の遺跡、ストーンモノリス。
複数の巨大な石柱が半ば地面に埋まるようにして建っています。
この遺跡についての研究は進んでおらず、いつからこの遺跡があるのか、またなぜこの遺跡が存在するのかはわかっていないらしい。
唯一わかっていることは、この石はパラオでは採れないものだということだけ。
つまり、これらの石造物の原石は海の外から運ばれてきたものだということです。
DSCF1232
そのストーンモノリスの中に、こんな石があります。
顔の(ような)石、ストーンフェイス。
ちょっと凹んだ石ですが、顔っぽいと言われればそう見えなくもない。DSCF1233
これもストーンフェイスですね。
DSCF1234
かつてこの場にいた何かが石化したのでしょうか・・・
なんかロマンがありますね。
このようなストーンフェイスが石柱に混じっていくつかあります。
DSCF1235
誰が何の目的で造ったかわからないストーンモノリス。
今のところただの石群ですが、私たちはパラオに来た楽しさから、わーきゃー言いながら石と記念写真を撮りまくりました。
おそらく、パラオ人であるガイドさんから見たらこれはただの石。
自分が案内してきたとはいえ、石にはしゃぐ私たちをガイドさんはどう思っていたでしょう。

しかし私たちはとても満足しました。
これが旅行の効果でしょうか。
私たちは東京タワーを見ても特に何も思いません。
しかしガイドさんは、東京タワーを見ればきっと楽しいと思います。
身近にあればささいなものであってもはるばる遠いところにやってきて見ればとても面白い。
これが旅行の醍醐味と言えるのではないでしょうか。
DSCF1245
とはいえこれだけのためのツアーはオススメしません。
ガラスマオの滝や日本海軍通信隊廃墟などとの混合ツアーで立ち寄るくらいにしといたほうが無難です。
ミステリーな遺跡とはいえ、石なので。
(訪問月2012年9月)