DSC_0085
千葉県流山市の流山市総合運動公園に、トーテムポールがたくさん建っている広場があるという。
茨城県に行く用事があって、その帰り道にトーテムポールを見たい気分だったので、その公園に立ち寄ってきました。
DSC_0099
そんなわけで流山市総合運動公園にやってきました。
県道278号線に面する側から入ると、正面には年季の入った体育館があります。
この体育館、かなり塗装が剥げているし、正面の階段に立ち入り禁止のスズランテープが張られているなど、なんだか廃墟チックな建物です。
DSC_0080
その体育館脇の道から広場に行きます。
右手に見える白いフェンスは工事のためのフェンスです。
告知板を読んでみると、どうも体育館の新設工事のようでした。
ああやっぱりあの古い体育館、取り壊されてしまうようです。
DSC_0081
世代交代を待つ体育館の脇に、さっそくトーテムポールがひとつ建っていました。
タイトルは「夢と宇宙」。
なぜかひとつだけぽつんと置かれていますが、やはりこの公園にはトーテムポールがあるようです。
DSC_0097
そのままトーテムポールを探してまっすぐ進んでいくと、アスレチック広場があり、その一画にD51形蒸気機関車がありました。
飛鳥山公園で見たものと同じものです。
昔は中に入れたようですが、今はアスベスト問題のため厳重に柵で囲われています。
DSC_0087
アスレチック広場を通り抜けると、その先にトーテムポールがたくさん建つ広場にでました。
おー、色とりどりのトーテムポールが林立していますね。
これらのトーテムポール、主に小、中学生が作ったもののようです。
DSC_0090
いくつか目に付いたトーテムポールを紹介したいと思います。
ポールにまとわりつくように立つドラゴン。
その逆鱗に触れたのか、ドラゴンの頭を踏みつけている白馬の頭が砕けている。
DSC_0088
なかなかの力作と思われる、立体的なトーテムポール。
しかし一番下の金太郎の目が、なんか悪い覚醒をしたみたいになっていてちょっと怖い。
DSC_0093
こちらは「きらく会」という会によるものと思われるトーテムポール。
表題は「愛の手渡し」。
これほどたくさんの手に愛を渡されてしまうのは、あまりきらくなことではありませんな。
DSC_0092
こちらは今にも回りだしそうな手の込んだトーテムポール。
表題は「地球物語」。
個人的には、これが一番好きです。
歯車のギシギシという音が聞こえてきそうですね。
DSC_0094
多種多様なトーテムポールが建つ流山市総合運動公園のピクニック広場。
40~50本のトーテムポールに囲まれ、アートな空間になっています。 
DSC_0089
1991年に流山でトーテムポール国際大会というものがあったらしく、このトーテムポール群はその名残だそうです。
昔は80基近くあったそうですが、どうみてもその数はなかったので、腐食したりして崩壊し危険なものは撤去されてしまったっぽいです。 
今まであったものが崩壊して無くなってしまうのは、ちょっと寂しいですね。 
年々数が減少していると思われる流山市総合運動公園のトーテムポール群。
なくなってしまう前に見学に行ってはいかがでしょうか。
(訪問月2015年2月)