DSCF9205
小金井市関野町の小金井公園内にある、江戸東京たてもの園を訪問してきました。
江戸東京たてもの園は、江戸時代の農家から昭和初期の看板建築まで、文化的価値の高い歴史的建造物が移築または復元され展示されたテーマパークです。
DSCF9272
江戸東京たてもの園のビジターセンターです。
江戸東京たてもの園はビジターセンターからして歴史的建造物で、この建物は1940年に皇紀2600年を記念して皇居前で行われた式典のために仮設された「旧光華殿」です。
日中戦争ですでにお金がなく、これから太平洋戦争に突入しようというときに、皇紀という曖昧なもののお祝いのためにこんなものを作るとは、当時の日本がいかに神道国家、そして統制国家であったかが推察できます。
まあもっともこのお祭りの後、「祝い終わった、さあ働こう!」が国民のスローガンになったようですが。
DSCF9181
こちらは江戸東京たてもの園のセンターゾーンに建つ高橋是清邸です。
高橋是清邸は有名な歴史的事件である2・26事件の現場になった建物です。
港区赤坂にあったものが移築されました。
DSCF9182
縁側の引き戸には、明治・大正時代に作られたガラスが一面に貼られています。
円筒法で作られたガラスは、面に硝子の量が均一になっていないため、表面に凹凸ができて通し先が歪んで見えます。
DSCF9185
高橋是清邸内では「二・二六事件と高橋是清邸」の資料展示を行っていました。
二・二六事件は1936年2月26日に当時の政府の重臣らを殺害した陸軍青年将校によるクーデター未遂事件です。
DSCF9190
当時大蔵大臣であった高橋是清もクーデターの標的にされ、ここ高橋是清邸の二階自室にて午前五時ころ、襲撃した陸軍青年将校らに殺害されています。
高橋是清は大蔵大臣として、財政緊縮策を取り陸軍の予算を減らしていたことから特に恨みを買っていたと言われています。
DSCF9187
当時の状況を伝える朝日新聞の報。
ちなみに朝日新聞社もこのときついでに襲撃されています。
二・二六事件はクーデター失敗に終わりますが、国の重臣を殺害された政府はこの後、軍に対し強い態度をとれなくなり、軍の暴走を止められなくなります。
この二・二六事件から一年後、日本は日中戦争に突入し、事件は太平洋戦争の遠因になってしまいます。
そして太平洋戦争を終わらせたのは、この二・二六事件を重傷を負いながらも生き延びた鈴木貫太郎でした。
DSCF9199
高橋是清邸を見学した後、江戸東京たてもの園の東ゾーンへと足を進めます。
こちらは村上精華堂という化粧品屋です。
昭和三年の建築で、正面の3つのイオニア式の柱が特徴的です。
大正時代から昭和初期の庶民は欧米への憧れが強く、ヨーロッパの建築物らしき建物を建てるのが流行っていたという。
DSCF9204
DSCF9203
村上精華堂の裏には昭和初期に流行したという看板建築が建ち並んでいます。
看板建築は関東大震災後の建築物に多く見られた特徴で、建物の前面に軒先をつけず平坦にして、その前面をモルタル塗りや銅板で覆って耐火性を高めています。

DSCF9228
こちらは銅板で装飾された荒物屋「丸二商店」。
荒物屋とは聞き慣れないですが、雑貨屋みたいなもののようです。
丸二商店は昭和初期の建築物で、小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様を作り、建物の正面を美しく飾っています。
移築前は千代田区神田神保町にあったそうです。
DSCF9227
こちらは植村邸です。
昭和二年の建築で、建物の前面が銅板で覆われており、外観は一階こそ和風ですが全体的に洋風にまとまっています。
DSCF9225
植村邸一階正面の銅板には細かな穴が無数に空いています。
以前荒川区の円通寺で見た寛永寺黒門の弾痕と似ていますが、こっちの穴はアメリカ軍から空襲を受けた際の爆弾の破片痕です。
植村邸は空襲をよく生き延びてくれましたが、たとえ銅板で覆っても一発で30メートル四方を焼き尽くす焼夷弾を何万発も投下されてはどうにもならなかっただろう。
一般の家まで攻撃した、今も残る連合国軍の無差別空襲の痕である。
DSCF9212
その他、当ブログでは取り上げませんが江戸東京たてもの園にはたくさんの歴史的建造物が展示されています。
こちらはジブリ映画「千と千尋の神隠し」の一場面のモデルになったという銭湯、「子宝湯」です。
DSCF9240
江戸東京たてもの園西ゾーンにあるデ・ラランデ邸。
もともとは平屋建ての洋館だったが1910年(明治43年)ころ、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデにより三階建て洋館として大規模に増築されたという。
現在は一階が武蔵野茶房という喫茶店にもなっていて、喫茶や簡単な食事ができます。
DSCF9239
同じく西ゾーン、GHQによる三井財閥解体後の1952年に建てられた三井八郎右衛門邸です。
DSCF9238

三井八郎右衛門邸内部には、豪華で巨大なクリスタルのシャンデリアが下がっています。
ガイドさんによれば、これでも小さいものだそうで、もっと大きなものが蔵にしまわれてあるという。
財閥解体されても痛くも痒くもなかったようですね。
DSCF9248
古い建物好きな人にはとても興味深いテーマパークと思われる江戸東京たてもの園。
これからのゴールデンウイークに訪問されてはいかがでしょうか。
(訪問月2015年3月)