DSC_0053
通勤途中の電車の中吊り広告にあった「善光寺灯明まつり」の五色の行灯の美しさにひかれて、真冬の長野県長野市の善光寺に行ってきました。
DSC_0032
善光寺最寄駅である長野駅までは、新宿から高速バスで3時間強。
遠いし渋滞もあるので、資金に余裕があれば新幹線を使うのがいいと思います。
駅から善光寺の仁王門まで徒歩で20分くらい歩きました。
眺めがとてもいい善光寺の参道。
DSC_0034
善光寺山門。奥にかすかに見えるのが本堂です。
この日は夜からの灯明まつりのために、ライトアップ用の照明を準備されていました。
灯明まつりまでまだ時間があったので、本堂へお詣りに行きます。
DSCF4904
善光寺には有名な「戒壇巡り」があります。
真っ暗闇の地下回廊を歩き、回廊中部にある「極楽の錠前」を手探りで探し当てる修行。
戒壇巡りをするためには、500円の内陣券を買って内陣に入る必要があります。
DSCF4901
いざ、暗闇の世界へ。
・・・・・・と、意気込んで入ってはみたものの、この善光寺、人が多すぎました。
戒壇巡りも次から次に人が入ってきて、しかも騒ぐ人達もいるものだから、せっかくの雰囲気が台無しでした。
人がいない時に入るといいと思います。
有名な善光寺だから、そんなときはあまりないかもしれませんが。
あと、真冬だったせいか、足場がとても冷たかったです。
靴を脱いで入るため、靴下越しでも床の冷たさがダイレクトに足に響きます。
冬場は厚手の靴下に、足裏にカイロでも仕込んでいきたいところです。
DSCF4912
戒壇巡りの後、まだ夜まで時間があったので善光寺を見学。
内陣券で入れる史料館などを見て回り、やることもなくなってしまったので近くにある城山動物園に行きました。
城山動物園は無料で入れる動物園で、普通の公園に動物がいる檻がある感じ。
カリフォルニアアシカの表情に癒されます。
今にも雪が降りそうなくらい寒かったが、アシカにとっちゃこの方が心地いいんだろうなあ。

日が暮れてくるにつれて、だんだんと寒くなる長野市。
帝都よりちょっと寒いくらいかと油断していましたが、寒いを通り越して冷たくなってくる。
DSC_0053
日も落ちて、とうとう灯明祭りが始まりました。
五色の行灯が善光寺参道に並べられて、とても美しかったです。
しかし、それをのんびり眺める余裕がないほどに寒い!
帝都民にはとても耐えられないような冬の夜の長野市。
参道で配られていたきのこ入りみそ汁が、冷え切った体を温めてくれてとてもおいしかったです。
DSC_0037
寒さに震えながらやってきた善光寺山門。
長野オリンピックの開催を記念して2004年から毎年開催されるこの灯明まつり、オリンピックの平和を願う精神を世界に発信するため、ブルーにライトアップされた山門に平和を願う言葉が浮かび上がります。
 DSC_0042
こちらは赤くライトアップされた善光寺本堂。
普段とは違う善光寺が見れる灯明まつり。
寒い長野の、寒い時期に開催されるお祭りですが、是非行ってみてはいかがでしょうか。 
(訪問日‎2013‎年‎2‎月‎9‎日)