DSCF5259
新宿区戸山にある、都立戸山公園を歩いてきました。
戸山公園は新宿区の中では団地の立ち並ぶ閑静な住宅街の中にあり、散歩に来ている人や子供を遊ばせにきている家族がたくさんいる大きな公園です。
戸山公園はJR山手線新大久保駅や東京メトロ東西線早稲田駅から、徒歩10分くらいの位置にあります。
DSC_0418
戸山公園は今でこそ都民の憩いの場になっていますが、かつてこの場所は日本陸軍の所管であり、日本陸軍戸山学校がありました。
しかし陸軍戸山学校は、空襲でほとんど破壊されてしまい、いまやその遺構はほとんど残っていません。
かろうじて野外音楽堂の跡が残っているくらいです。
DSCF5260
また戸山公園には、山手線区域内で最も標高が高いといわれる(人造)山、箱根山があります。
この箱根山の地面の下には、陸軍戸山学校時代の銃弾が多数埋まっているそうです。
標高44.6メートルの箱根山を登ると、眼下に戸山教会が見えました。
公園の中に教会があるというのも珍しい気がしますね。ここから見ると普通の教会なんですが。
DSCF5264
戸山教会の下には、白い教会とはおよそ似つかわしくない、古い武骨な建造物があります。
二階と一階、どちらもヨーロッパを思わせる造りなんですが、なんだかおかしい。
上は清廉な白で下は重苦しい黒。上は幼稚園にもなっている生活感のある教会なのに、下は廃墟のようです。
この廃墟のような建物を土台にして、戸山教会が建てられているのがわかります。
DSCF5262
ちょっと調べてみると、この黒い建物はかつての陸軍戸山学校の名残で、将校たちの会議所に使われていた建物だそうです。
言われてみると、とても堅牢な石組みで、いかにも軍の建物に見えるから不思議ですね。
閉めきられた窓がなんとも不気味で、中がちょっと気になります。
中でどんな密議を行っていたんでしょうか。戦争計画とか・・・・・・?
まあ、学校の敷地内にあるわけだし、実は毎晩教官とかが酒盛りとかやってたのかもしれませんが。

ちなみにこの箱根山、都内では有数の心霊スポットになっています。
理由は1989年に、この戸山公園で100以上の大量の人骨が発掘されたからです。
その人骨は死後数十年のものであり、かつてこの近くには陸軍の731部隊こと陸軍防疫研究室があったことから、人体実験の被害者のものではないかと言われています。
真相はまだわかってはいませんが、そうした背景と噂が一人歩きし、心霊スポット化してしまったようです。
私が歩いた限りでは、ゴミゴミした街新宿のオアシスという感じでしたが。 
(訪問日2013‎年‎6‎月‎1‎日)