DSCF6424
今回は千葉県鴨川市の大型海洋レジャーセンター、鴨川シーワールドの紹介です。
DSC_0546
世間は夏休み、行楽時期ですね。
皆様はこの夏をいかがお過ごしでしょうか。
私の会社は夏休みをとれるはずなのに、なぜか取ることができません。
水槽のガラスのように、見えない壁があるのです。
DSCF6421
さて、超有名観光地の鴨川シーワールドですが、特筆すべきところは、なんといっても海獣の多さです。
鴨川シーワールドには他の水族館でも見られるイルカやアザラシ、アシカだけでなく、巨大なシャチやセイウチなんかもいて、帝都では見られないダイナミックな海洋レジャー施設になっています。
DSCF6423
こちらは係員さんに付き添われ、ペタペタと行進するペリカンズ。
鴨川シーワールドでは普通に園内をペリカンが歩き回っています。
ところでペリカンって、こんなふうに歩きまわる習性があるんでしたっけ?
それともこれは彼らの仕事としてやっているんでしょうか。
DSC_0556
こちらはロッキーワールド、アザラシの海で惰眠を貪るアザラシたち。
幸せそうな顔をしてアザラシたちがゴロゴロしています。
うーん、私も毎日ゴロゴロしていたい。
DSCF6434
鴨川シーワールドの名物、オーシャンスタジアムのシャチのショー。
シャチは巨大でインパクトがあり、ショーもダイナミックです。
シャチのショーが見れるのは日本で唯一、ここ鴨川シーワールドだけなんだとか。
DSCF6432
豪快なシャチのジャンプ。
シャチの大きさに比して着水時の水しぶきも激しく、海水がまるで津波のようにざばーっと跳ね上がり、観客席に襲いかかってきます。
観客席の前列に座っている人たちがずぶ濡れになっていました。
夏場はともかく、冬にこれを食らうとやばそうです。
DSCF6437
鴨川シーワールドには、「ベルーガ」という北極圏に棲息するシロイルカが生育されています。
DSCF6444
ベルーガはエコーロケーションという超音波を使った能力で位置を測定したり、仲間とコミュニケーションを図るという。
従ってこのように目隠しをしていても、超音波によって仲間と連絡を取り合うことができ、係員によって一頭に与えられた指示を素早く仲間で共有して、仲間同士で一体となった活動をすることができます。
DSCF6376
このエコーロケーション能力、かつては人間にも備わっていたのだという。
しかしながら言葉の発展によって、こうした能力は失われてしまったそうです。
残念無念。
こんな力があったら、世の中社会も家庭ももっと円滑になるかもしれませんね。
ちなみにベルーガのおでこにタッチしてきましたが、ベルーガおでこはすべすべでもざらざらでもない、木綿豆腐のような感触でした。
(訪問月2014年3月)