DSCF1146
北区十条台にある、陸上自衛隊十条駐屯地を娘のあやちゃんとともに訪問してきました。
DSCF1134
現在地は北区滝野川、石神井川を渡す紅葉橋の北にある紅葉橋交差点です。
この場所は以前ブログで取り上げたことがありますが、ここより北側に広がる台地、十条台にはかつて、銃砲弾薬などを製造していた東京第一陸軍造兵廠十条工場がありました。
DSCF1135
紅葉橋交差点から北へ坂を登っていくと、右手には都営団地が林立しています。
しかし並んでいる団地のすべては、すでに廃墟と化していました。
老朽化のため、取り壊される予定と思われます。
ひょっとしたら団地の足下に残っている陸軍境界石も、団地取り壊しの際に破壊されてしまうかもしれません。
DSCF1137
戦後の同時期に建てられたためか、まとめて廃墟化した都営王子アパートと王子母子アパートの団地群。
そのため、この一帯はゴーストタウンとなっています。
柳と廃墟団地が相まって、あたりは不気味な雰囲気を醸し出しています。
DSCF1139
都営団地群から道を挟んだ反対側には、陸軍造兵廠の兵器工場275号館を改造して建てられた北区立中央図書館があります。
中央図書館は東京第一陸軍造兵廠で使われていたレンガを活用して建てられた「赤レンガ図書館」として北区民に親しまれています。
DSCF1138
外観だけでなく、内装にも赤レンガが活かされており、荘厳な雰囲気の北区中央図書館。
腰を落ち着けて勉強や読書ができそうな環境です。
また中央図書館なだけあって、所蔵されている本も多いです。
DSCF1140
そんな中央図書館の北側にある北区中央公園の片隅には、陸軍造兵廠での殉職者慰霊碑が建っています。
火薬を扱う造兵廠では、爆発事故等による殉職者が多かったという。
慰霊碑もあって、普段は静かな北区中央公園ですが、今日に限っては陽気なアンパンマン音頭が鳴り響いています。
DSCF1180
殉職者慰霊碑のある公園の西側は、陸上自衛隊の十条駐屯地です。
かつては現在の北区中央公園、北区中央図書館、北療育医療センター、王子特別支援学校、十条富士見中学や都営住宅の敷地すべてが東京第一陸軍造兵廠の軍用地でした。
現在ではその一部分のみが陸上自衛隊十条駐屯地として軍事施設になっています。
陽気なアンパンマン音頭は、その駐屯地の中から響いてきています。
DSCF1142
本日はその自衛隊十条駐屯地にて、年に一度の盆踊り大会の日です。
普段、一般人は入れない十条駐屯地ですが、この日ばかりは駐屯地内に入ることができるのです。
通常であれば100%呼び止められるであろう警衛所前も、この日はスルー。
民間人禁制の自衛隊駐屯地に大手を振って入れます。
今回はこの盆踊り大会に乗じて、十条駐屯地内の軍事遺跡等を見学したいと思います。 
DSCF1144
警衛所近くには、会場案内図と大会時程が張り出されています。
盆踊り会場や露店等は隊庭に並んでいますが、注目すべきは上の方にあるピンクの建物。
ここは自衛隊の庁舎であり、左から海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊の補給本部になっていて、その中でも陸上自衛隊と海上自衛隊の補給本部はイベントをやっていて中に入れるようになっています。
また航空自衛隊庁舎内にあるローソンでは、自衛隊グッズも購入できるような感じです。
DSCF1143
隊門から庁舎の方に向かって歩いていくと、航空自衛隊十条駐屯地等のタスキをかけた妙なキャラクター三体に遭遇しました。
見たこともないゆるキャラですが、お祭りにやってきた子供たちに精一杯の愛想を振りまいています。
中の人は当然ながら、自衛官と思われます。
側に立っているジャージ姿の若き自衛官が、ひきつったような微妙な笑顔をしているのがなんとも面白い。
DSCF1174
こちらは自衛隊東京地方協力本部のオリジナルマスコットキャラクター、トウチ君。
自衛隊東京地方協力本部は、自衛官の募集等を行う機関です。
トウチ君は東京都の鳥、ゆりかもめをモチーフとしたキャラで、陸・海・空すべての自衛官募集を担っているという。
この暑い中、こんな着ぐるみを着て動き回るの大変だろう。
自衛官の体力がなせる技でしょうか。
DSCF1146
お祭りの催し物の一環として、隊庭には陸上自衛隊の車両が展示されていました。
写真は87式偵察警戒車RCV。偵察車両ゆえに、戦闘能力は高くありません。
十条駐屯地は、太平洋戦争の敗戦後、東京第一陸軍造兵廠十条工場が米軍に接収され、東京兵器補給廠(TOD)という名の米軍の兵站基地になった後に、同地の返還によって新設された基地です。
兵站基地跡地を利用して新設された基地だけに、十条駐屯地も兵站基地になっており、戦闘用の車両はないようです。
DSCF1178
87式偵察警戒車の周りには模擬店が並んでいます。
模擬店の店員は自衛官でしょうか、補給統制本部施設部ののぼり旗が立っています。
どの模擬店にも行列ができていて、隊庭は人でごった返していました。
DSCF1170
しかしそんな中、まったく人がいないエリアもあります。
こちらは模擬店から道を挟んだ向かい側に建つ、東京砲兵工廠銃砲製造所開設記念碑。
明治38(1905)年にここ十条台に後楽から移転してきた東京砲兵工廠銃砲製造所(のちの東京第一陸軍造兵廠)ですが、この記念碑は開設の翌年に、奈良県にある元明天皇の御陵碑の石片材を使用して建立した石碑です。
DSCF1181
こちらは十条駐屯地の東端にある門構えのモニュメント。
大正7(1918)年に建設された変圧所254号館の一部を利用して作られたものです。
門構えの上部には受電施設であった碍子が埋め込まれています。
なおこのモニュメントがある広場、普段は申請すればグラウンドとして使えるそうですが、本日は花火の打ち上げ場所になっているため立ち入り禁止になっていました。
DSCF1169
模擬店の奥には自衛隊庁舎が建っています。
盆踊り大会ではこの自衛隊庁舎にも一部入ることができます。 
陸上自衛隊の庁舎内には東京第一陸軍造兵廠時代のことを紹介する広報展示室もあるとのこと。
庁舎内に入ってみたいと思います。 
DSCF1148
陸上自衛隊補給統制本部庁舎のエントランスです。
庁舎エントランスの壁には古びた赤レンガが見えます。
現在の自衛隊庁舎は東京第一陸軍造兵廠の建物とは別の建物ですが、この庁舎を新築する際に取り壊された東京第一陸軍造兵廠の建物から出たレンガが建築に使用されているという。
DSCF1149
庁舎のロビーには十条台の歴史を紹介する展示パネルがありました。
この十条台の軍事施設が、東京砲兵工廠銃砲製造所→米陸軍東京兵器補給廠→陸上自衛隊武器補給処十条支所→陸上自衛隊補給統制本部となっていった経緯がおおまかに紹介されています。
さらに詳しく知りたい方は広報展示室へお越しくださいと書かれているので、そちらに行ってみます。
DSCF1151
広報展示室は庁舎エントランスから西へ延びる通路の先にあります。
途中で何人かの陸上自衛隊自衛官とすれ違いましたが、何故か少し緊張しました。
自衛官とはいっても、我々から見ればやはり軍人と変わりないですからね。
DSCF1152
広報展示室入り口。
中は小部屋は二つある作りになっています。
時間帯がよかったのか、見学している人は少ないようでした。
祭りの会場はとても賑わっているんですがね。
DSCF1155
展示室に入って正面にあるパーテーションには、十条駐屯地周辺の軍事遺跡を紹介する北区の地図が展示されています。
過去に当ブログでも紹介した赤羽緑道公園星美学園ちんちん山児童遊園憲兵小屋東京ドーム下瀬坂加賀公園東京家政大学十条富士見中学校などが紹介されています。
この地図が貼られているパーテーションを境として、右と左に小部屋が作られています。
DSCF1162
地図から向かって左の部屋。
こちらの部屋には東京第一陸軍造兵廠の史料や、敷地から出土した煉瓦などが展示されています。
DSCF1153
寄せ書きがされた日章旗と三八式騎兵銃。
三八式騎兵銃は、騎乗でも扱えるよう三八式歩兵銃を短縮したものです。
通常の三八式歩兵銃より取り回しがよい軽便銃として、歩兵以外の輜重部隊などにも配備されたという。
DSCF1164
昭和12年ころの十条台周辺の地図。
ピンク色になっている部分が軍用地です。
うち右下にある滝野川区の下瀬海軍火薬製造所は、太平洋戦争開戦前に移転しています。
軍需工場が集中していた王子区(現在は北区)ですが、昭和20(1945)年4月13日、14日の城北大空襲の際、十条周辺の造兵廠群が米軍による空爆の標的になっていたにも関わらず、実際に空襲されたのは何故か豊島区、滝野川区、荒川区であり、造兵廠群は被害を受けませんでした。
一説には、米軍は大日本帝国の敗戦後、ここ東京造兵廠群を接収してそのまま使用することをすでに決めていたため、施設を爆撃しなかったとも言われています。
DSCF1156
右の部屋は視聴覚室になっています。
映像では戦前から現在までの日本軍~自衛隊の歩みが放映されていました。
一般向けの広報ビデオで、特に目新しい映像ではありませんでした。
DSCF1157
左のパーテーションには帝国陸軍の輜重兵を紹介したパネルが展示されています。
写真は中国大陸にて、揚子江北岸を進軍する旧日本陸軍の輜重部隊。
輜重部隊とは、旧日本軍にて部隊の移動に際し軍の維持に必要な糧食、被服、武器弾薬などを輸送する任務を専属とする部隊です。 
DSCF1158
輜重兵の昼食風景を撮影したもの。
展示物が輜重部隊のものばかりなのは、十条駐屯地が陸・海・空自衛隊共通の補給本部となっているからでしょうか。
十条駐屯地には陸上自衛隊補給統制本部と海上自衛隊補給本部、航空自衛隊補給本部があり、自衛隊の兵站の中枢となっています。
つまり、ここをやられると自衛隊は大打撃を受けることとなり、そうであるがゆえに、テロなどで狙われる確率が高いということにもなりますね。
DSCF1166
こちらは東京第一陸軍造兵廠の保育所を紹介する当時の記事。
昭和17(1942)年11月18日、太平洋戦争真っ只中の記事です。
当時、太平洋戦争で男手をとられた状態では、女性が軍需工場で働くしかありませんでした。
そのため、造兵廠には女性が働くための保育所があったようです。
この子たちはこの後、敗戦後の困難期を無事生きのびることができたでしょうか。
DSCF1176
東京第一陸軍造兵廠から米陸軍兵器補給廠、陸上自衛隊武器補給処十条支所から自衛隊補給統制本部へ変わっていった十条台。
十条駐屯地では、十条台の軍需工場の歴史を学ぶことができます。
十条駐屯地には年に一度の盆踊り大会の日に入ることができるので、興味ある方は訪問してみてはいかがでしょうか。
(訪問月2016年7月)