1497756931506
東京都北区桐ヶ丘の巨大団地、桐ヶ丘団地周辺を歩いてきました。
DSCF1996
現在地は東京都北区の赤羽台二丁目と桐ヶ丘一丁目、赤羽西の境界付近を通る道路、常盤台赤羽線です。
左手には桐ヶ丘赤羽台歩道橋があり、歩道橋より東側には赤羽台団地が、北西側には都営桐ヶ丘アパートが、南西側には都営赤羽西アパートがそびえ立っており、この常盤台赤羽線はさながら団地内中央道路といった様相です。
通りを歩いている人も団地住まいっぽい人が多いような気がします。
DSC_0083
桐ヶ丘赤羽台歩道橋の南北には、都営桐ヶ丘アパートと都営赤羽西アパートの外縁に沿うようにして造営された赤羽緑道公園が通っています。
赤羽緑道公園は東京陸軍兵器補給廠陸軍被服本廠等かつての軍事施設における物資輸送のために、今のJR赤羽駅付近から敷かれた軍用鉄道「東京陸軍兵器補給廠専用線」の線路跡に造られた公園です。
DSC_0088
緑道の中の道には、このように線路をイメージした線が描かれています。
太平洋戦争に敗戦するまではこのタイルの上を、陸軍の兵器や物資を満載した貨物列車が行き来していたのです。
赤羽は兵器や火薬、被服など軍需物資の一大集積地であり、陸軍の兵站を担う戦略上重要な拠点でした。
DSCF1150-2
そんな赤羽緑道公園の西側の台地、現在の桐ヶ丘周辺には東京陸軍兵器補給廠赤羽火薬庫という火薬倉庫がありました。
上は北区の旧軍用地を示す地図ですが、青色で塗った位置が赤羽火薬庫の用地です。
キャプチャ2
こちらは昭和7(1932)年ころの赤羽駅西側の地図です。
この地図では、青のラインで囲んだところが赤羽火薬庫です。
この赤羽火薬庫は、もともは明治5(1872)年に、戊辰戦争で幕府軍と戦っていた官軍がこの地に武器庫を作ったことをその始まりとしています。
その後の明治20(1887)年に、帝国陸軍の近衛師団や第一師団の工兵大隊が現在の丸ノ内から赤羽に転営してくると、この武器庫は陸軍兵器支廠(後の補給廠)の火薬庫として本格的に運用されるようになったという。
DSCF1977
現在、かつての陸軍赤羽火薬庫跡地には都営桐ヶ丘アパートの団地が建ち並んでいます。
戦後、陸軍の解体により不要となった赤羽火薬庫跡の建造物は家を失った戦災者や引き揚げ者、復員兵士に提供されることとなりました。
戦争により家を失った人々は、新たに住むこの地を自分たちの第二のふるさとにしようと思い「赤羽郷」と名付けたそうです。
DSCF1997
赤羽郷があった場所に、その後建てられたのが現在の都営桐ヶ丘アパートです。
写真は桐ヶ丘アパートの団地内商店街、桐ヶ丘中央商店街。
高度経済成長期に作られた桐ヶ丘中央商店街は、現在は団地住民の高齢化、また店主の高齢化等住民の減少によってシャッター商店街となっています。
桐ヶ丘団地や赤羽台団地、豊島五丁目団地等巨大団地を複数抱える北区は現在、住民の高齢化率が23区トップとのことです。
北区では住民の4人に1人以上が65歳以上の高齢者で、さらにその中で75歳以上の後期高齢者の割合が多いんだとか。
1492855096156
北区は高齢化率の解消を目指してか、漫画「東京都北区赤羽」の作者・清野とおるさんを起用したポスターを作成掲示し、若い世代の北区移定住を積極的に推進しています。
ブランドメッセージは「住めば、北区東京。」
北区付近の駅構内でよく写真のようなポスターを見かけます。
もっとも「東京都北区赤羽」は北区というより赤羽限定(少し十条)の漫画ですが。
DSC_0370
桐ヶ丘中央商店街の前には、桐ヶ丘アパートのルーツである「赤羽郷」の名を冠する国際興業バスのバス停があります。
まだ赤羽火薬庫跡地に赤羽郷が作られて数年後の昭和27(1952)年、赤羽郷内に小学校が創立しました。
周辺に桐が多かったことから「桐ヶ丘小学校」と名付けられたこの小学校が、現在の地名、桐ヶ丘の地名の由来になったという。
なお桐ヶ丘小学校は少子化による生徒の減少で、平成14年に桐ヶ丘北小学校と統合し桐ヶ丘郷小学校に名前が変わっています。
DSCF1975
桐ヶ丘郷小学校の北側には住民が高齢化する桐ヶ丘を象徴するような、桐ヶ丘やまぶき荘という特別養護老人ホームがあります。
やまぶき荘のすぐ北側には小さな緑道が通っていますが、その緑道の入り口に、かつての陸軍赤羽火薬庫の軍事遺跡が残っていました。
DSCF1976
電柱の影に隠れるようにしてひっそりと建っていた、「陸軍」と読める軍用地境界石。
陸軍赤羽火薬庫の敷地北東端を示す軍用地境界石と思われます。
北区はその名称からも、23区の中ではこれといった特色を感じない区です。
しかし北区は、王子の火薬製造所十条の銃砲製造所西が丘の兵器補給廠赤羽台の被服本廠滝野川の雷汞場西ヶ原の海軍火薬製造所など、軍事都市としての歴史を持っています。
まあ軍都であったこと前面に出せば劇的に定住者が増える訳ではないでしょうが、 ひとつのアピールポイントにはなるかもしれません。
『住めば、北区東京。』
(訪問月2017年4月)