DSCF2025
板橋区加賀にある軍事遺跡、東京第二陸軍造兵廠を歩いてきました。
DSCF2001
現在地は板橋区と北区の区境、JR埼京線の線路を渡す陸橋・十条台橋の袂です。
付近は東京家政大学や北区中央公園など公園や教育施設で占められており、住宅や商業施設は少なくなっています。
以前ブログで取り上げていますが、この地域には戦前、埼京線の線路を挟んで東に銃砲を製造していた東京第一陸軍造兵厰、西に火薬を製造していた東京第二陸軍造兵厰という巨大な軍需工場がありました。
DSCF1998
十条台橋からは台地の切り通しに敷かれた埼京線の線路が見下ろせます。
この十条台橋の南側には、今では何にも使われていないコンクリートの橋台が残っています。
この橋台は、かつて東京第二陸軍造兵厰内を物資輸送で走っていた電気軌道「東京陸軍造兵廠電気軌道線(東京砲兵工廠電気軌道線)」の橋台跡です。
東京陸軍造兵廠電気軌道線によって東京第二陸軍造兵厰は、東京第一陸軍造兵厰や王子の分工場と結ばれており、軌道線は物資や人員の運搬に大きな役割を果たしていました。
DSCF2002
この東京陸軍造兵廠電気軌道線の線路跡を辿って板橋区方向へ歩いていきます。
十条台橋から板橋区側へ進み最初の交差点を左折すると、その先に二又になっている道路があります。
この二又の分かれ道を左側の路地へ進んでいきます。
DSCF2003
路地を進んでいくと右手に、クリーニングで知られる白洋舎のレンテックス東部事業部東京北営業所があります。
その白洋舎のワゴン車が停まっている駐車場の裏手に、半地下になっている奇妙な建造物が見えます。
建造物の上は草が生い茂るままになっていてカモフラージュされているので、うっかりすると見逃してしまいそうな建物です。
DSCF2004
正面から見ると、三角屋根になっている建物であることがわかります。
この建物はかつて、東京第二陸軍造兵厰内で火薬を製造していた軍需工場のひとつのようです。
周囲を土で固め、さらに屋根を三角にして薄くするこの作りは、工場で製造する火薬が爆発した際に爆風を上部に逃すための工夫された作りでした。
DSCF2008
白洋舎からさらに石神井川方向へ進み、金沢橋を渡るとその先に加賀公園という中央に大きな築山がある公園に出ます。
以前のブログでもレポートしていますが、加賀公園はもともと加賀前田家の下屋敷跡に造成された公園です。
ここの地名「加賀」は、江戸時代、このあたりに加賀前田家の21万坪に及ぶ広大な下屋敷があったことに由来しています。
DSCF2024
明治6(1873)年、時代が江戸から明治に変わった数年後、陸軍省はこの前田家下屋敷の敷地面積を買い取り、西洋式の火薬工場「板橋火薬製造所」を作ります。
そして現在の加賀公園と公園に隣接する野口研究所がある場所には、この板橋火薬製造所(なお昭和15年以降は東京第二陸軍造兵厰に改組)内に置かれた火薬研究所がありました。
この火薬研究所では弾薬の性能実験が行われ、構内には弾丸の速度を図る射撃場などが置かれていました。
DSCF2011
加賀公園に隣接している野口研究所の敷地内には、今も火薬研究所時代に使われていた弾道検査管の一部が緑に埋もれて放置されています。
この弾道検査管は長さが十数メートル、内径686mmの巨大な構造物で、造られたのは昭和初期と現存するものでは国内最古のもので、歴史的に貴重なものとなっています。
DSCF2012
弾道検査管とは弾丸の発射薬である火薬の量や種類を変えて、発射される弾丸の速度などを測定する装置です。
弾道検査管の先にある加賀公園の築山には弾道検査管の標的が残っており、火薬研究所時代、弾丸はこの標的に向かって撃ち込まれていました。
標的跡は今は、築山の草花に埋もれてほとんど見えなくなっていますが、案内板が手前に置かれています。
DSCF2009
また、加賀公園と野口研究所がまだ火薬研究所であったころ、研究所構内には電気軌道(トロッコ)が走っていました。
この電気軌道は十条台橋の上から橋台が見えた「東京陸軍造兵廠電気軌道線」です。
火薬を大量に扱う火薬工場では、早くから引火の危険がある蒸気機関車ではなく、電気軌道が使用されていました。
DSCF2010
この軌道は幅が75cmと珍しいもので、そこを走る電気機関車(トロッコ)はその形状から「だるま電車」とも、走りながら鐘を鳴らしたことから「チンチン電車」とも呼ばれていました。
加賀公園と野口研究所の構内には、かつての東京陸軍造兵廠電気軌道線が走っていた路線敷跡が今も残っています。
電気軌道は東京第一陸軍造兵厰十条工場・滝野川工場や東京第二陸軍造兵厰王子工場を経て、豊島ドックへと繋がっており、ここで製造された軍需物資を荒川(現隅田川)の水運へ流していたと言われています。
DSCF2025
加賀公園の隣にある野口研究所は戦後、火薬研究所跡地に移転してきた施設ですが、構内には当時の観測装置や標的など軍事遺跡が現存していて、当時を知ることのできる貴重な場所でした。
しかし現在、野口研究所の土地は売却されてしまったようで、敷地ではマンション建設の工事が始まっており、目下研究所内に点在していた軍事遺跡はショベルカーによって派手に取り壊されています。
ああ、なんてこった…
DSCF2028
野口研究所の西側一帯は破壊されまくっていましたが、弾道検査管のある東側一帯にはまだ林といくつかの軍事遺跡が残されています。
これは板橋区が、日本最古の射撃場や弾道検査管のある火薬研究所跡地とその周辺を史跡公園とするため、弾道検査管等のある野口研究所東側を取得したからです。
史跡公園は東京オリンピックが開催される平成32年に部分開放、平成35年に完成を目指す計画となっているようです。
DSCF2031
どうせなら、野口研究所構内すべてを購入してくれればよかったのに…
とも思いますが、十条の東京第一陸軍造兵廠の軍需工場が北区中央図書館しか残らなかったように、すべてを保存することはコスト的に難しいようです。
まだいくつか他にも施設が残っているようですが、射撃場と弾道検査管以外はあっさり取り壊されてしまうのかもしれません。
DSCF2015
厳しい現実に、とぼとぼと加賀公園に戻ってきました。
加賀公園の道路側にある植込みに、慰めてくれるかのように一面ツツジの花が咲き誇っています。
その花の中に埋もれるようにして、小さな碑がひっそりと建っています。
DSCF2014
「花匂ふ桜ヶ丘 永遠の平和を祈る 工科学校板橋分校跡」と刻まれた碑。
碑の正面、加賀公園から道路を挟んだ向かい側にある板橋区立第五中学校には、かつて後楽園にあった陸軍砲兵工科学校の板橋分校がありました。
この碑は戦後、陸軍工科学校板橋分校のOB団体である工華会によって建てられたものです。
DSCF2026
陸軍工科学校板橋分校は造兵廠での技術者養成を目的とした教育機関で、昭和15(1940)年10月に相模原へ移転しています。
工科学校の跡地は造兵廠従業員の宿舎となりましたが、敗戦による米軍の接収とその解除後、板橋区立第五中学校が建設されています。
区立第五中学校の南東端にあるゴミ捨て場の近くには、今も陸軍工科学校板橋分校の軍用地境界石が残っています。
DSCF2027
「陸軍省」と読める軍用地境界石。
引っこ抜いて見ればおそらく、「陸軍省所轄地」と記載があるものと思います。
多くの軍事遺跡が何も残されず壊されていく中で、一部でも史跡公園として保存されるというのは喜ばしいことです。
板橋区の作る将来の史跡公園を楽しみにしたいと思います。
(訪問月2017年4月)