DSCF2141
文京区白山にある東洋大学白山キャンパスを歩いてきました。
DSCF2154
現在地は都営三田線白山駅に近い、旧白山通り東洋大学白山キャンパス正門前です。
今回はここ東洋大学白山キャンパスに、ワンコインにもかかわらずとてもおいしいと評判の学食があるということを聞いてやってきました。
注文するとすぐに出てきて、コストパフォーマンスが良く、なにより、少し騒がしくしても大丈夫という学食は、乳幼児連れの外食先としてはとてもありがたい所で、最近の我が家のマイブームは大学の学食巡りになりつつあります。
DSCF2146
東洋大学白山キャンパスのメインゲートでは、色とりどりの紫陽花が美しい花を咲かせていました。
「祝 第33回文京あじさいまつり 学校法人東洋大学」と立て札に書いてあります。
どうやら今は、近くにある白山神社で紫陽花祭りが開催されているようです。
DSCF2144
正門から「甫水の森」というアプローチをまっすぐに進んでいくと、正面に東洋大学の創立者、井上円了の像が建っていて、その後ろに「井上記念館」と書かれた白山キャンパス5号館があります。
5号館の1階には哲学者、井上円了の記念博物館がありますが、残念ながら訪問時は休館中で立ち寄れませんでした。
この5号館の地下2階から、学生食堂のある6号館へ渡ることができます。
BlogPaint
東洋大学白山キャンパス6号館地下1階には、巨大な学生食堂があります。
約1300席あるゆとりのランチスペースとのことですが、訪問時は昼食時ということもあって空席を探すのが大変なほど学生で賑わっていました。
カフェテリア形式になっていて、インドカレー屋、カフェ、パスタ屋、鉄鍋ごはん専門店、窯焼き料理専門店など様々な系統の店舗が軒を連ねています。
DSCF2141
子供が喜んで食べそうな料理をということで、洋食屋「東京食堂」にてとろとろ半熟オムライスのセットを注文しました。
サラダとデザート、スープがついてワンコイン500円です。
半熟オムライスのソースは特製ハヤシ、トマトソース、ホワイトソースの三種から選べます。
このオムライスは娘が特に気に入ったのか1人でほとんど食べてしまい、少ししか食べることができませんでしたが、かなり美味しかったです。
DSCF2142
焼きチーズ牛すじハヤシ&ピラフのセット550円。
ピラフの上にじっくり煮込んだ牛すじハヤシと焼きチーズがのっています。
チーズと牛すじの重厚なコクが、頬が落ちそうなほどの美味でした。
こんな美味しい料理を格安で食べられるなんて、家から近ければ毎日通いたいものです。
昼食時に行くと混みまくっているのがネックですが。
DSCF2150
学食でのランチ後、文京あじさいまつりの会場、白山神社に足を延ばしました。
境内には約3,000株の紫陽花が咲き誇り、娘はこれを見て「紫陽花公園」と命名していました。
会場はイベントが行われていなかったものの、紫陽花などの写真を撮る人で賑わっていました。
最近、自撮り棒で自分の写真を撮る人が増えてきましたね。
DSCF2147
白山神社の境内には興味深い記念碑がありました。
「皇紀二千六百年記念」と刻まれた碑です。
皇紀は神武天皇即位を紀元とする日本独自の年号で、皇紀2600年は昭和15(1940)年です。
皇紀2600年には国威高揚のための記念行事や記念事業が多数行われ、当時記念事業の一環としてこのような記念碑が日本のあちこちに建てられたそうです。
探してみると面白いかもしれません。
DSCF2148
また皇紀記念碑の近くには「帝國在郷軍人会 第2班 小石川東部分会」と記されたモニュメントもありました。
帝國在郷軍人会は戦前にあった、現役を離れた日本軍人によって構成された組織です。
ドラマやマンガなどでよく見られる、太平洋戦争末期、町や村の婦人たちに竹槍訓練などをさせていたおじさんたちと言えばわかりやすいでしょうか。
DSCF2151
色とりどりの紫陽花に彩られていた白山神社の境内。
ちなみに、あまり知られていませんが紫陽花はその葉っぱや茎、花に青酸配糖体やアルカロイドの毒性をもつ個体が確認されています。
紫陽花の葉は刺身のツマのように、時折料理に添えられることがありますが、食べるのは避けた方が良さそうですね。
(訪問月2017年6月)