DSCF1018
山形県鶴岡市の市立水族館、加茂水族館を歩いてきました。
DSCF1019
「クラゲの水族館」と呼ばれ、クラゲに特化した水族館として有名な鶴岡市立加茂水族館。
かつて加茂水族館は入館者数が減り閉館が危ぶまれていたほどでしたが、偶然サカサクラゲの赤ちゃんを発見し、それを展示したことがきっかけで業績を回復したという。
現在ではクラゲの展示種類の数がギネス記録に認定されており、世界一のクラゲ水族館としてメジャーな水族館です。
DSCF1007
その加茂水族館を訪問した際、あざらしタッチ台というのがありました。
アシカショーの後にこのタッチ台であざらしに触れるようなのですが、残念ながらこの時は時間外でした。
あざらしは奥の方に引っ込んでいますね…。
DSCF1008
…おや?
視線を感じて下を見てみると、いつの間にそこにいたのだろう、一頭のあざらしがぷかっと水に浮かんでいました。
なんだか切なそうな目でじーっとこちらを見ています。
DSCF1009
……なんだろう?
あざらしが一瞬、にやっと笑ったように見えました。
かなり人慣れしているようですが、油断していると…
DSCF1012
うわっ!
いきなり目の前に、すごい勢いであざらしの顔が迫ってきました。
水の中でジャンプした!?
DSCF1010
ぐえっ。迫ってくるあざらしの顔を回避する間もなく、鼻相撲になってしまいました。
…こういう芸を仕込まれているのでしょうか?
よくわからないけれどあざらしと鼻相撲をするという、なんだか珍しい体験ができたクラゲの水族館・加茂水族館でした。
(訪問月2012年7月)