DSCF1109
埼玉県秩父市にある鉱山、ニッチツ鉱山(秩父鉱山)とその鉱山街を歩いてきました。
DSCF1114
ニッチツ鉱山は埼玉県秩父市の西方、中津川上流にある鉱山事業場で、右側に両神山、左側に赤岩峠を望む峡谷沿いに位置しています。
この鉱山は戦国時代、甲斐の武田氏が金や砂金を採掘したのが始まりと伝えられ、戦前の昭和12(1937)年から株式会社ニッチツにより金属採掘がされています。
現在は金属採掘は終了し代わって石灰石や珪砂が採掘されており、ニッチツ鉱山秩父事業場の敷地には積みあがった石灰石を見ることができます。
DSCF1116
こちらはニッチツ鉱山エリアの入口にあたる雁掛トンネルを抜けた右手にある、荒々しい形の旧捨石堆積場へ向かう素堀りトンネル。
秩父の岩はチャートや粘板岩など硬い性質らしく、そこを開削したトンネルもゴツゴツと尖った形になっています。
今はともかくとして、技術力の低かった戦中・戦後の時代に山奥でこの岩石を掘削するのは大変だったのではないでしょうか。
DSCF1113
雁掛トンネルを抜けてニッチツ鉱山エリアに入ると、まずは秩父鉱山郵便局があり、その先にニッチツの事務所と稼動中の鉱山施設があります。
写真は両神山の斜面に建つニッチツ鉱山のリシン・炭カル選鉱場。
山の中の傾斜地に突然現れる何段もの施設群は、巨大な戦艦のように見えてなんだかかっこいいですね。
DSCF1111
さらにニッチツ鉱山の奥地へと進んでいくと、今は使われていない鉱山街の廃墟が姿を現します。
ニッチツ鉱山は戦後金属採掘で隆盛を極め、最盛期には鉱山街は標高860mの山中にも関わらず2000人を超える人口を誇りましたが、1978年に採算があわず金属採掘は中止。
鉱山街にはニッチツの用意した共同浴場、社宅、学校、商店がありましたが、金属採掘の閉山に伴い無住の地となってしまった経緯があります。
DSCF1111
ニッチツが柳瀬鉱業所から鉱山を買収したのが日中戦争が勃発した昭和12(1937)年のことで、太平洋戦争開戦一年前の昭和15(1940)年から大規模な採掘が開始されたという。
鉱山からは金や銀、銅、鉛、亜鉛、鉄、アンチモン、マンガンなどが産出され、すでに日中戦争や太平洋戦争の準備で金属資源が少なくなっていた大日本帝国には渡りに船だったでしょう。
むしろニッチツ鉱山の金属採掘事業自体が、戦争をにらんで進められたものだったのかもしれませんね。
(訪問月2012年8月)