DSCF8974
前回からの、伊香保旅行の続きです。
旧渋川有限責任信用組合近くの渋川四ツ角西バス停から伊香保温泉までバスに乗りました。
DSCF8995
バスに揺られること約20分、有名な伊香保石段街に到着です。
伊香保石段街の由来は戦国時代に遡ります。
武田勝頼が長篠の戦いで負傷した武田兵の療養の場として、当時上州を支配していた配下の真田昌幸に温泉街を整備させたのが石段街のはじまりとされています。
DSCF8971
伊香保石段街の石段口近くには渋川市の史跡、ハワイ王国公使別邸が建っています。
こちらはかつてハワイが独立国だったころの日本駐在公使、ロバート・ウォーカー・アルウィンの別邸です。
日本に残るハワイ王国唯一の史跡です。
DSCF8970
ハワイ王国公使別邸の縁側にはめ込まれている引き戸のガラスは、表面に微妙な凹凸があり通し先が歪んで見える「大正ガラス」でした。
歴史的建造物を回っているとよく見かけるガラスです。
DSCF8974
ハワイ王国公使別邸は室内を無料で見学できます。
邸宅はやたら縁側が広い造りになっていました。
今風な考えで見ると無駄な空間ですが、当時は重要な場所だったんでしょうか。
DSCF8982
また別邸は昔の日本の家屋らしく、やたらと鴨居が低いです。
この造り、外国人であるアルウィンさんには不便であったと思いますが。DSCF8985
ハワイ王国公使別邸の隣には資料や写真が展示されているガイダンス施設があります。
DSCF8986
館内は写真撮影禁止でした。
入口をはいると目の前に映像パネルがあって、起動させるとロバート・ウォーカー・アルウィンをデフォルメさせたキャラクターがアルウィンの足跡や日本とハワイ王国の関わりについて解説してくれる。
アルウィンさんも没後自分がこんなキャラクターになっているとは考えもつかなかったに違いない。

次回は伊香保石段街を歩きます。
(訪問月2015年3月)