長野県北佐久郡軽井沢町にある、石の教会を歩いてきました。
石の教会は、明治・大正期のキリスト教指導者だった内村鑑三を記念して造られた石造りの教会。
建築したのはアメリカ人建築家ケンドリック・ケロッグで、石のアーチが重なりあう独特の建築物です。
DSCN0275
石の教会へは、軽井沢駅南口から出ている星野リゾート行きの無料シャトルバスが出ているのでそれを利用して行きました。
ホテルブレストンコート前バス停で下車し、 遊歩道を北西へ5分ほど歩いていくと到着します。
写真は石の教会の入り口にある、木のベンチ。
面白いデザインですが、ナチュラルな雰囲気の木製ベンチは、剥き出しの石でできたこの教会によく調和しています。
3
<出典 石の教会公式ホームページ>
石の教会。結婚式場にもなっていて無料で見学できますが、写真は撮影できないので画像は公式ホームページのものです。
内側から見る石のアーチと、教会の端を流れる水のせせらぎ、生い茂る緑が組み合わさって荘厳な雰囲気を醸し出していました。
あいにく訪問した日は雨でしたが 、天気のいい日は窓ガラスから差しこむ陽光が教会内に溢れて美しいんでしょうね。
石、光、緑、水、木が調和する石の教会。
軽井沢の名所なので、行ったことのない方は一度行ってみてはいかがでしょうか。
(訪問日2012年3月9日)