帝都を歩く

帝都・東京。当ブログは東京住まいの管理人が、帝都東京が明治期から現在まで歩んできた道を学ぶため、帝都および周辺都市に残る戦争遺跡や歴史的建造物、地下壕・洞窟やB級スポットまでを探訪して見聞を広めるブログです。東京観光等に役立てていただけたら幸いです。

カテゴリ:史跡名勝

台東区上野公園にある回遊式庭苑、上野東照宮ぼたん苑を歩いてきました。上野東照宮の敷地内に、昭和55(1980)年4月に開苑した上野東照宮ぼたん苑。回遊形式の庭園には、冬場は40品種200株の牡丹が栽培されているという。入苑が一般700円と有料なため、人でいっぱいな上野公園 ...

神奈川県小田原市城内にある城跡、小田原城址公園を子供たちと歩いてきました。戦国大名・小田原北条氏の居城として知られる小田原城。小田原城は北条氏による関東支配の中心拠点となっていた城で、小田原城址公園はその跡地に作られた公園です。小田原城は明治3(1870)年に廃 ...

八丈島八丈町末吉にある天然記念物、ポットホール散策路を歩いてきました。現在地は八丈島の中之郷地区にある観光名所、裏見ヶ滝です。ここは「トリック劇場版2」のロケ地でもあり、ネットや雑誌では八丈島観光でここは見なきゃだめ的な感じで紹介されている観光名所です。 ...

八丈島八丈町大賀郷にある史跡、宇喜多秀家の住宅跡と墓を歩いてきました。帝都・東京から南へ約290km離れた太平洋上に浮かぶ島、八丈島。八丈島は江戸時代において罪人の流刑地だったことで知られる島です。このため八丈島は流人の島と言われていますが、別に島人の多くが流 ...

沖縄県うるま市勝連南風原にある城跡、勝連城跡を歩いてきました。勝連城は与勝半島の南の付け根部にある台地に位置していた城で、琉球王朝時代、首里王府と敵対した按司(領主)、阿麻和利の居城として有名な城跡です。12~13世紀ごろ、標高100mの丘陵上に築城されたこの山 ...

沖縄県中頭郡読谷村座喜味にある城跡、座喜味城跡を訪問してきました。座喜味城は三山時代、北山征伐後に中山(後の琉球王国)が、残された旧北山勢力に睨みを効かせるために築城された山城です。座喜味城の築城を命じられたのは、今帰仁城攻略で活躍した護佐丸。座喜味城は ...

沖縄県国頭郡今帰仁村にある世界遺産、今帰仁城跡を歩いてきました。13世紀ごろ、沖縄本島において北部地域(やんばる)を支配した「北山」、中部地域を支配した「中山」、南部地域を支配した「南山」の三つの勢力が争った三山鼎立の時代がありました。今帰仁城は三山時代、 ...

沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利、「恋の島」として知られる古宇利島を歩いてきました。今帰仁村に帰属する古宇利島は、沖縄本島から離れた離島ではありますが本島から車で行ける島です。沖縄本島から屋我地島を経由し、古宇利島まで巨大な橋が架かっているからです。屋我地島 ...

岩手県岩泉町にある日本三大鍾乳洞のひとつ、龍泉洞を訪問してきました。岩手県の県庁所在地、盛岡市から東へ車で二時間ほど走った位置にある岩泉町の龍泉洞。ドラゴンブルーの輝きを発するという地底湖で知られる有名な鍾乳洞です。入洞料は隣接する龍泉新洞科学館とセット ...

北区滝野川にある、近藤勇墓所を訪問してきました。近藤勇といえば新撰組の局長であり、新撰組といえば日本国民で知らないものはいないと思われるほどの幕末の超有名剣客団体です。そんな有名な人の墓が北区にあったとは今まで知りませんでしたが、よく考えるとここは住所的 ...

パラオ最大の島、バベルダオブ島。パラオ旅行中に、この島の最北端、アルコロン州にストーンモノリスという謎の遺跡があり、その謎っぷりに興味を惹かれて訪問してきました。謎の遺跡、ストーンモノリス。複数の巨大な石柱が半ば地面に埋まるようにして建っています。この遺 ...

パラオへ旅行に行った際、バベルダオブ島の日本海軍通信隊廃墟に行きたくて、バベルダオブ島一周ツアーに参加しました。ツアーで回ったポイントのひとつとして、パラオの景勝地ガラスマオの滝へ行ってきたので紹介します。駐車場から、山を下っていく形で目指すガラスマオの ...

静岡県熱海市の伊豆山温泉に、「走り湯」と呼ばれる源泉が湧出する洞窟があるというので行ってきました。走り湯には熱海市の海岸線を南北に走る国道135号線から、ホテル水葉亭近くの脇道を曲がっていきます。熱海駅から歩いてでも十分いけますが、バスを使う場合は、伊豆山 ...

板橋区赤塚にある、赤塚城址を歩いてきました。赤塚城址には都営三田線に乗って、新高島平の駅から行きます。私たちは新高島平駅で降りましたが、西高島平で降りても充分近いと思います。高島平~新高島平~西高島平の間は乗降者数が多いのか、駅と駅の区間がやたら短かく一 ...

前回の鵜原理想郷手弱女平からの続きです。手弱女平から再度南房総国定公園・鵜原理想郷の看板まで戻り、次は明神岬方向に歩いていきます。ごとがえり近くの三叉路から地図の真ん中、中間点と赤字で書かれた三叉路まで歩いていきます。ちょうど地図で緑色になっているところ ...

↑このページのトップヘ