帝都を歩く

帝都・東京。当ブログは東京住まいの管理人が、帝都東京が明治期から現在まで歩んできた道を学ぶため、帝都および周辺都市に残る戦争遺跡や歴史的建造物、地下壕・洞窟やB級スポットまでを探訪して見聞を広めるブログです。東京観光等に役立てていただけたら幸いです。

カテゴリ:戦争遺跡

東京都北区桐ヶ丘の巨大団地、桐ヶ丘団地周辺を歩いてきました。現在地は東京都北区の赤羽台二丁目と桐ヶ丘一丁目、赤羽西の境界付近を通る道路、常盤台赤羽線です。左手には桐ヶ丘赤羽台歩道橋があり、歩道橋より東側には赤羽台団地が、北西側には都営桐ヶ丘アパートが、南 ...

東京都北区赤羽台にある巨大団地、赤羽台団地を歩いてきました。現在地は帝都東京北の玄関口、JR赤羽駅から西へ徒歩10分ほどの位置にあるUR団地、UR都市機構ヌーヴェル赤羽台前です。ヌーヴェル赤羽台は2006年9月に建てられたUR団地ですが、その前身は旧日本住宅公団 ...

板橋区加賀にある軍事遺跡、東京第二陸軍造兵廠を歩いてきました。現在地は板橋区と北区の区境、JR埼京線の線路を渡す陸橋・十条台橋の袂です。付近は東京家政大学や北区中央公園など公園や教育施設で占められており、住宅や商業施設は少なくなっています。以前ブログで取 ...

世田谷区下馬にある軍事遺跡、野砲兵第一連隊兵営跡地を歩いてきました。現在地は世田谷区と目黒区の境界付近、世田谷区池尻にある世田谷公園です。世田谷公園といえばつい最近まで、『ポケモンGO!』のレアモンスターミニリュウが見つかるということですごい数の人が集ま ...

千代田区富士見にある軍事遺跡、陸軍軍医学校跡を歩いてきました。多数の人々が行き交うJR飯田橋駅から、歩いて5分ほどの位置にある東京逓信病院。東京逓信病院は昭和13(1938)年、逓信省(現総務省)職員とその家族を対象とした職域病院として開設された病院です。今では関 ...

北区豊島にある軍事遺跡、豊島ドック跡地を歩いてきました。現在地は北区豊島にある北区立豊島公園です。豊島公園は豊島二丁目から王子六丁目に跨がる、道路に沿うようして造られた細長い公園です。それほど大きな公園ではありませんが、夏にはかっぱ祭りという地域のお祭り ...

港区赤坂九丁目にある軍事遺跡、陸軍第一師団歩兵第一連隊駐屯地跡を歩いてきました。赤坂の東京ミッドタウン。東京ミッドタウンはショッピングセンターやオフィスビル、ホテル、美術館など多様な施設から構成されている複合施設です。ミッドタウンはセレブなお出かけスポッ ...

港区六本木の国立新美術館でアルフォンス・ミュシャ展をやっていたので訪問してきました。アルフォンス・ミュシャは近代、パリで活躍したチェコの画家兼グラフィックデザイナーです。初期、画家として活動したらあまり売れなかったので、雑誌の挿絵などデザイナーとしての仕 ...

沖縄県うるま市与那城屋慶名にある戦争遺跡、与那城監視哨跡を訪問してきました。現在地はうるま市の県道37号線、与那城郵便局前です。与那城郵便局は勝連半島の中ほどの場所にある郵便局で、近くには伊計島や平安座島などへ渡ることができる海中道路があります。この与那城 ...

戦後のヤミ市の面影を残すアメ横がある帝都有数の繁華街、台東区上野。前にアメ横の食堂で蕎麦を食べたときに、商店会のキャンペーンがあってとりあえず応募してみたら、後日一万円のギフト券が当たって家に届いたことがあります。それ以来、普段はあまり外食はしない我が家 ...

今回は管理人に代わり、スペシャルゲストが歩いてきてくれました。台湾の首都・台北市から東南方約30kmに位置する台湾新北市烏来(ウライ)区。烏来とは、14部族あるという台湾原住民のうちタイヤル族の言葉で「自然に沸いたお湯」という意味で、烏来区はタイヤル族が多く住 ...

沖縄県糸満市伊敷にある戦争遺跡、轟の壕を歩いてきました。沖縄本島の南端、糸満市に位置する自然洞穴「轟の壕」。轟の壕は太平洋戦争末期、沖縄戦の最終局面において追い詰められた日本軍と沖縄の避難民が立てこもり、アメリカ軍による攻撃と日本軍による避難民への暴行で ...

沖縄県糸満市伊原にある戦争遺跡、ひめゆりの塔と伊原第一外科壕跡を歩いてきました。現在地は沖縄県本島南端、糸満市伊原の「ひめゆりの塔」前の伊原信号機前です。写真左手が有名な「ひめゆりの塔」がある広場で、道路を挟んだ向かいには沖縄の土産物屋が立ち並んでいます ...

2016年のクリスマスシーズン、表参道を歩いてきました。娘が町の小さな電飾を見ると「ピカピカしてる!」と言って喜ぶので、子どもたちに大きなイルミネーションを見せてあげようと家族でやってきた表参道。ケヤキ並木に装飾されたLED照明を見て、娘が「ロウソクたくさんあるね ...

沖縄県中頭郡読谷村波平にある戦争遺跡、チビチリガマを訪問してきました。現在地は読谷村のテーマパーク、体験王国むら咲むらの東側を南北に走る渡慶次波平線上です。読谷村は南隣の嘉手納町とともに、太平洋戦争の沖縄戦でアメリカ軍が上陸してきた地域です。チビチリガマ ...

↑このページのトップヘ