帝都を歩く

帝都・東京。当ブログは東京住まいの管理人が、帝都東京が明治期から現在まで歩んできた道を学ぶため、帝都および周辺都市に残る戦争遺跡や歴史的建造物、地下壕・洞窟やB級スポットまでを探訪して見聞を広めるブログです。東京観光等に役立てていただけたら幸いです。

カテゴリ:街道商店

荒川区西尾久のカフェ、カフェ子鉄に行ってきました。2020年のハロウィンの日に、子供たちと都電荒川線の荒川遊園地前停留場近くにある「カフェ子鉄」に行ってきました。このカフェはプラレールのレールが店内中に敷かれ、電車模型が店内を走り回るという、プラレール好きの ...

北豊島郡巣鴨町にあった私立精神病院、「巣鴨脳病院」と「保養院」跡を歩いてきました。踏切に張り付いて都電を見るのが好きな子供たちに連れられて、都電荒川線庚申塚停留場にやってきました。ここは庚申塚停留場の二つのホームの間にある、旧中山道を渡す踏切です。道が狭 ...

東京都北区西ヶ原にあった精神病院、王子脳病院跡を歩いてきました。息子と一緒に、東京メトロ南北線西ヶ原駅近くにある北区立飛鳥中学校にやってきました。武蔵野台地の東縁に位置するこの中学校があるところには、かつて帝都東京を代表する貝塚がありました。西ヶ原貝塚と ...

台東区谷中にある児童公園、芋坂児童遊園を歩いてきました。子供たちを連れて、台東区立芋坂児童遊園にやってきました。この公園はJR日暮里駅の南東100メートルの位置、JRの線路沿いにあります。電車が公園の真横を通っていくため、電車好きな子供にはうってつけです。芋坂 ...

群馬県利根郡みなかみ町後閑の喫茶店、ドイツコーヒー夢に行ってきました。現在地はJR東日本上越線の後閑駅前交差点です。後閑駅は2019年8月の時点で無人駅であり、時刻表を見ても一時間に一本程度しか電車が来ない小さな駅です。しかし駅前には、このあたりでは稀少と思われ ...

新潟県小千谷市城内にあるフルーツパーラー、クレープハウス果実の星野屋で食事をしてきました。子供たちを連れて、小千谷市で美味しいと評判のフルーツパーラー、クレープハウス果実の星野屋にやってきました。クレープハウスというだけあって、基本店内のお客さんは女子ば ...

港区麻布十番にある商店街、麻布十番商店街を歩いてきました。東京メトロ南北線麻布十番駅直近にあり、一の橋から仙台坂にかけて広がる商店街、麻布十番商店街。今でこそ多くの人でにぎわう商店街ですが、第二次世界大戦では昭和20(1945)年4月15、16日の城南京浜大空襲、同年 ...

荒川区西日暮里に所在する在日朝鮮人市場、三河島朝鮮マーケットを歩いてきました。JR常磐線三河島駅の駅前は韓国料理店や韓国食材店が点在し、ハングルもあちこちに見られます。三河島は第二次世界大戦前後に日本へやってきたオールドカマー系の在日韓国・朝鮮人が多く住ん ...

宮城県仙台市青葉区一番町にあるマーケット、壱弐参横丁を歩いてきました。壱弐参横丁はJR仙台駅から徒歩12、3分ほどの場所に位置する商店街です。仙台駅から青葉通りを西に進み、南北に伸びるサンモール一番町商店街を南下すると左手に入り口が見えてきます。「壱弐参(い ...

豊島区西巣鴨にある教育施設跡地、マハヤナ学園跡を歩いてきました。息子とともに豊島区西巣鴨にある私立大学、大正大学にやってきました。大正大学は大正15(1926)年、天台宗大学と豊山大学、宗教大学が合併して設立された大学です。仏教系の大学で、大学構内には仏教文化施 ...

台東区東上野に所在するオールドカマー系コリアタウン、東上野キムチ横丁を歩いてきました。JR上野駅からみて南側、首都高を越えた先に「キムチ横丁」と呼ばれるコリアタウンがあります。有名な新大久保に比べ規模は小さいですが、狭い一角に焼肉店、韓国食材店、キムチ専門 ...

今回は第二次世界大戦最後の空襲を受けた、神奈川県小田原市本町を歩いてきました。現在地は小田原城址公園に近い、国道一号線、東海道上に位置する本町交差点です。東海道はこの交差点を経て、北から西へと曲がって箱根方面へと延びていきます。この本町交差点には小田原市 ...

7月下旬から始まった夏休みも、そろそろ終わりが見えてきてしまいました。私には、1か月以上に及ぶ長大な夏休みなんてものは、はるか昔になくなってしまいましたが、今年は娘がその長い夏休みを経験しています。娘の幼稚園の宿題に夏休みの思い出帖みたいなものがあって、 ...

文京区本駒込にある出版社、フレーベル館を歩いてきました。現在地は本駒込六丁目の名勝、六義園の南東側を通る一方通行路の歩道上です。六義園は東京大空襲等の戦災による被害を受けず昔のままの姿を留めている庭園として、昭和28(1953)年特別名勝に指定されています。左手 ...

東京都北区西ヶ原、名探偵浅見光彦が住むといわれる街を息子とともに歩いてきました。現在地は東京メトロ南北線西ヶ原駅から本郷通りを西へ300mほど歩いたところにある神社、平塚神社前です。平塚神社の参道脇には平塚亭つるおかという、昔ながらの和菓子屋があります。この ...

↑このページのトップヘ