帝都を歩く

帝都・東京。当ブログは東京住まいの管理人が、帝都東京が明治期から現在まで歩んできた道を学ぶため、帝都および周辺都市に残る戦争遺跡や歴史的建造物、地下壕・洞窟やB級スポットまでを探訪して見聞を広めるブログです。東京観光等に役立てていただけたら幸いです。

カテゴリ:廃墟心霊

文京区小石川にある寺社、沢蔵司稲荷を歩いてきました。文京区小石川の二丁目と三丁目の境目を走る坂道、善行寺坂にやってきました。この道路沿いには坂の名前の由来となった善光寺の他、慈眼院や伝通院といった古いお寺が並んでいます。写真奥の善光寺の山門は、アジア・太 ...

栃木県日光市の温泉街、鬼怒川温泉街を歩いてきました。春休み中の子供たちを連れて、鬼怒川温泉ロープウェイに乗って丸山山頂駅にやってきました。丸山山頂には「おさるの山」という猿山があり、約30頭の猿が飼育されています。正面の金網の回廊内に入場して、猿山から金網 ...

埼玉県さいたま市大宮区の刑場跡、下原刑場跡を歩いてきました。京浜東北線に乗って、帝都・東京から埼玉県の中心地・さいたま新都心へとやってきました。さいたま新都心駅は、2000年4月1日さいたま新都心の街びらきに先駆けて開業した駅です。駅東口を出ると、旧中山道を渡 ...

江東区青海・有明、港区台場、品川区東八潮からなる地域、東京臨海副都心を歩いてきました。子供たちとともに、ゆりかもめに乗ってお台場海浜公園駅にやってきました。現在地はお台場海浜公園駅降りてすぐのところにあるデックス東京ビーチ、シーサイドモール4Fにある台場 ...

山梨県南都留郡山中湖村にある、通称「ナチス博物館」を見学してきました。日本を象徴する山、富士山が好きな息子とともに、山中湖畔にやってきました。現在地は山中湖畔の道路、山梨県道729号線からホテルマウント富士へと向かう山道を800メートルほど登ってきた山の中腹で ...

千葉県千葉市花見川区検見川にある近代建築、検見川送信所跡を見学してきました。検見川の住宅地の中に、突如として現れる近代建築の廃墟、検見川送信者所跡。検見川送信所は大正15(1926)年、対外国通信を目的として開設された無線電信所(送信所)です。検見川送信所本館は ...

愛知県名古屋市中区にある近代建築、坂文種報徳会本町ビルを見学してきました。名古屋城を訪問した際、途中で近代建築と思われる廃墟っぽくてかっこいい建物を発見しました。写真を撮って後で調べたところ、こちらは鉄筋コンクリート造り三階建ての建物で昭和6(1931)年竣工の ...

港区高輪にあるガード下トンネル、高輪橋架道橋を歩いてきました。2020年に暫定開業予定のJR山手線・京浜東北線の新駅、高輪ゲートウェイ駅。名前の定着力において、東京さくらトラムや東武スカイツリーライン、埼玉スタジアム線などと名勝負をしてくれそうな予感がする駅名 ...

山梨県南都留郡富士河口湖町にある湖、西湖の湖畔を歩いてきました。富士五湖のひとつ、西湖。「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産のひとつとして、2013年に世界文化遺産に登録されています。また2010年には、絶滅したと思われていたクニマスが発見されたことでも話 ...

静岡県富士宮市にある神社、人穴浅間神社を子供たちとともに歩いてきました。2013年に「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録された人穴富士講遺跡。富士講とは、戦国時代から江戸時代初期に富士山の溶岩洞穴・人穴で修業した長谷川角 ...

大田区羽田空港一丁目にある赤鳥居、通称「羽田の大鳥居」を見学してきました。現在地は羽田空港の出入り口にあたる、京急空港線の天空橋駅前です。天空橋とはこの駅の西側を流れる海老取川に架かる人道橋の名前で、駅名はこの橋から取られています。駅周辺は近くに下水道ポ ...

今回の訪問先は八丈島八丈町三根にある閉業中のホテル、八丈オリエンタルリゾートです。現在地は八丈島で夏場にもっとも人が集まる場所、底土海水浴場前の八丈一周道路です。底土海水浴場横の底土港では、八丈島と帝都の竹芝桟橋との間を一日一往復する東海汽船の定期便が発 ...

東大和市芋窪二丁目から武蔵村山市中藤二丁目までの、多摩湖(村山貯水池)の南側を走る多摩湖自転車道を歩いてきました。心霊スポット「慶性門」や中華風寺院「山口観音」など、B級的なスポットが多い多摩湖畔。多摩湖は東京市民の水源確保のために、昭和2(1927)年、狭山丘 ...

北区王子の公園、飛鳥山公園裏にある飛鳥の小径を歩いてきました。東京都内の桜の名所のひとつ、飛鳥山公園。江戸享保期に行楽地として整備され、明治6(1873)年には上野公園などと共に日本最初の公園に指定された歴史ある公園ですが、飛鳥山公園も第二次世界大戦と無縁ではい ...

沖縄県名護市二見にある廃墟、レキオリゾート周辺を歩いてきました。帝都を歩く今年最後の記事です。この一年、いかがでしたでしょうか。私は仕事と子育てに追われ、自分にとって激動の一年でした。来年はもう少し心穏やかに生きたいですが、残念ながら今年より忙しくなりそ ...

↑このページのトップヘ