帝都を歩く

帝都・東京。当ブログは東京住まいの管理人が、帝都東京が明治期から現在まで歩んできた道を学ぶため、帝都および周辺都市に残る戦争遺跡や歴史的建造物、地下壕・洞窟やB級スポットまでを探訪して見聞を広めるブログです。東京観光等に役立てていただけたら幸いです。

カテゴリ:子育日記

子供たちが夏休みに入りました。しかし今年の夏休みは四回目の緊急事態宣言に加え、東京オリンピック2020の交通抑制で外出制限、ロクな外出ができそうにありません。いつの間にか旅行好きになっていた子供達には負担の大きそうな夏休みになりそうです。やむなく家で公文の宿 ...

6月20日をもって、ようやく帝都・東京の緊急事態宣言が解除されましたね。宣言下の我が家では、人との接触を極力避けるために昼は外出せず毎日の勉強をやり、夜に人のいない公園へ行って自然の生き物観察をしていました。家の近くの紫陽花が咲き誇る大きな公園では、この時期 ...

帝都・東京は新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加し、また緊急事態宣言とか言ってますので、私も不要不急の外出を控え近所の大きな公園で走って体力作りなどしています。公園も公園で結構人が多く、街の子どもたちがはしゃぎ回っているのですが、そんな中うちの娘は周 ...

ついに帝都・東京を含む1都3県に緊急事態宣言が再発令されてしまいました。都内では毎日2000人を超える新型コロナウイルスの新規感染者が出ているとかで、そう言われるとなかなか子供たちを人の多い公園で遊ばせることはできません。仕方がないので子供を連れて、人が少な ...

子供たちがやりたいというので、剣道をやらせ始めました。剣道は私が教えられる数少ない運動の一つで、まずはまっすぐに構えてまっすぐ打突する基本の姿勢と動作を反復練習しています。最初はふにゃふにゃと遊び半分にやっていた子供たちですが、だんだんと真面目に取り組み ...

もうすぐ、東京オリンピックが開催されるはずだった2020年の夏も終わりですね。今年の夏は新型コロナウイルス感染症の蔓延と連日の猛暑のために、外出は極力控えました。そのためか今回の夏は「夏の終わり」という感慨がほとんどありません。都内では花火大会等夏のイベント ...

新型コロナウイルスのため緊急事態宣言が発せられた際、時間に余裕のできた我が家では「一日一時間は、毎日必ず机に向かう」という新しい取り決めができました。私も子供たちも、一緒の時間に机に向かって様々な形で勉強します。緊急事態宣言は解除されましたが、引き続きな ...

とうとう本日をもって帝都・東京も緊急事態宣言が解除されましたね。期間中私は仕事に行くことが少なくなり、子供たちも幼稚園が休みでした。しかし緊急事態宣言下で外に遊びに行くわけにもいかず、また外に出ればトラブルも多そうだったので、子供と家に引きこもっているこ ...

帝都東京では新型コロナウイルス感染症蔓延のため、外出自粛要請が出されています。我が家の子どもたちも外出自粛中です。私も休日の帝都歩きはしばらくやめて、土日は家で読書と昼寝三昧です。幼稚園の始業が5月になって長期休み中の子どもたちは、家で最近始めた「スマイ ...

自宅から近く、私が子供を連れて散歩する定番スポットの恩賜上野動物園。動物園好きな息子を連れていつものように人の少ない不忍口から入園すると、ふたば牧場のアグーがいたところにラマとアルパカがいました。あれ、アグーは暑いところの豚だから冬はリストラされてしまっ ...

夜が寒くなってきましたね…最近、子供たちが寝る前に「夜の(怖い)話」をしてくれとせがんできます。しかし怖い話を即興で作るのは難しいので、あらかじめ幼稚園児でも想像できそうな怖い話を七つ作って、それをローテーションで回しています。話は自分が子供のころプレイ ...

夜に街を歩いていたところ、たまたま近所に月下美人が咲いているのを見つけました。初めて見る、大きな花びらを広げる純白の月下美人に我が家の子供たちは興味津々です。特に独特の強烈な甘い香りが気になるようです。月下美人は、メキシコの熱帯雨林地帯を原産地とするサボ ...

最近、我が家の子供たちの間では相撲がブームになっています。子供たちに「はっけよい、しよ!」と促され、二人の幼児を相手に、いつやめてくれるのかわからない相撲をとる毎日です。しかし、帝都住まいで外で遊ぶ機会が少ない子供たちにとって、相撲はいい運動となっている ...

季節はもう冬ですね…だんだんと大きく、そして口達者になって聞き分けのなくなってきた娘と息子。寒くなってきたこともあり、最近は室内で誕生日に買ってもらったプラレールで遊んだりしています。東武博物館に行った影響か、我が家の子供たちは走る列車が大好きです。子供 ...

最近、我が家の子供たちのブームは『パパのぼり』です。私がごろごろしていると、子供たちが登ってくるのです。一度パパのぼりが始まると、なかなか解放してくれません。《Ehonnaviより出典・パパのぼり全ページ読めます》我が家でパパのぼりブームを巻き起こしたのは、きく ...

↑このページのトップヘ